リオーネ・テッラの観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

リオーネ・テッラ
Rione Terra

2017/05/05 更新

http://www.howtravel.com/wp-content/uploads/2015/08/slick_Rione-Terra-1080x579.jpg

概要

ナポリ近郊、ギリシャ時代の遺跡が残る風情ある港町

Rione Terra

1500年前の古代の町並みが遺跡として保存されており、考古学施設として整備されている。

歴史の古いポッツォーリの町でも、ここはいつも町の中心的役割を果たしてきた。
早くから人が住み始めた地域で、遺物から紀元前6世紀半ばにはすでに人が居住していたことが認められる。
紀元前194年、古代ローマの植民都市であるプテオリの入植が始まったのもこの場所である。三方を海に囲まれているので近づきにくく、また小高い丘の上にあるので海陸からの敵の侵入を見張るには格好の場所だった。

1970年、緩慢地動と呼ばれる地殻変動が頻発した影響で避難させられて廃墟となるまで、実際に人が住んでいた。

なおこの施設は政府の財政状況等によって観光客の受け入れと閉鎖を繰り返しているので、訪れる際には必ず事前に確認すること。

ナポリ旅行者の必読記事

(Photo by hillman54 Finizio)

人気記事

海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
wifiレンタル
海外旅行に必要なパスポートとお金
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク