カプリ島(ナポリ近郊)

特集

ナポリ近郊の世界遺産

ナポリから行ける世界遺産

旅行の面白みといえば、日本では見ることができない景色に出会うこと。 その最高峰が「世界遺産」だ。ナポリから行ける世界遺産は全部で17箇所。 距離が遠いスポットも多いがナポリに来たら是非足を伸ばしてみたいところだ。

naples food

ナポリの名物料理10選!お勧めグルメ旅

下町情緒あふれる港町ナポリ。 近郊にある青の洞窟、ヴェスヴィオ火山、ポンペイ遺跡など見所にあふれるナポリであるが、この街の魅力は観光だけに留まらない。 港町のナポリは、地中海で獲れる新鮮な海の幸と南イタリアのトマトがふんだんに使われた料理が美味しいことでも有名だ。あっさりとしたトマトと、新鮮な魚介類との相性は抜群で、ナポリ料理は、島国に住む日本人にとって食べすく、美味しい。そんなナポリでは、ピッツェリアで食べるピッツァから本格的な魚介料理まで、色々な料理を楽しみたい。

Naples plan

ナポリ旅行5泊7日の予算とモデルプラン

ナポリ旅行をする際の平均的な予算とモデルコースを紹介する。ナポリ湾に面し温暖な気候であるナポリは世界遺産の歴史地区や卵城、ポンペイ遺跡、サンタ・ルチアの港など世界的にも有名な風景がいたるところにあり、また下町の雰囲気を味わえるスパッカナポリなど見どころがいっぱい。市内はメトロが網羅されているので交通も便利。メトロの乗車券はバス・トラムと共通の乗り放題のチケットがあり、アルテカードと呼ばれるチケットは3日有効で博物館などの3施設が入場無料となる。

Scavi-di-Pompeii

ナポリのお勧め定番観光スポット10選

初めてナポリに訪れるなら、まずはこの定番スポットをチェック♪ 絶対行くべき定番スポットを厳選しました。

スーツケース売り場

海外旅行用スーツケースの選び方

海外旅行に行く際に持っていくスーツケースの正しい選び方を知っているだろうか? スーツケースは海外旅行と密接に結びつくもの。大切な荷物を入れて、一緒に旅を重ねるパートナーだ。一概にスーツケースと言っても色々な種類があって、利用するシーンによって適している素材やメーカー、大きさなどが異なる。正しい知識をつけて、自分にとって最適なスーツケースと出会って頂けたら嬉しい。

イタリアの世界遺産

イタリアの世界遺産

旅行の面白みといえば、日本では見ることができない景色に出会うこと。 その最高峰が「世界遺産」だ。イタリアには約50箇所の世界遺産が登録されている。 多くの世界遺産があるイタリア。仕事などで定期的に訪れている人を除いて、滅多にこれない国なので、なるべくたくさんの世界遺産に訪れたいものだ。

カプリ島(ナポリ近郊)

12件

青の洞窟に差し込む光

1

青の洞窟

狭い入口を抜け、サファイアのごとく輝く世界へ

青の洞窟は、ナポリの沖合にあるカプリ島の海食洞(波で浸食されてできた洞窟)。洞窟内には一面サファイアを敷き詰めたかのような眩惑的な光景が広がっている。世界にはここ以外にも沖縄やマルタ島などに青の洞窟と呼ばれる場所が点在するが、それらはこのナポリにある青の洞窟にあやかって名付けられているもの。

Marina Piccola

2

マリーナ・ピッコラ

カプリ島で人気のビーチ

ファラリオニの奇岩群を背景に海水浴を楽しめる絶好のビーチがある。 小さなマリーナという意味のこの場所は、カプリ島の南海岸沿いにあって太陽の光を受け、風を遮断する地形にあるので島で一番暖かい場所である。 そのため冬でも海に入れる。漁船の避難場所でもある。

Marina Grande

3

マリーナ・グランデ

カプリ島への観光客が最初に到着する玄関口

カプリ島北岸にあり、ナポリやソレントなどからの船が到着するカプリ港があるのが、このマリーナ・グランデ地区である。 海路で来る観光客はすべて、ここから上陸することになる。海からは荒々しい断崖のふもとに白やパステルカラーの建物というカプリらしい景色が望める。ボートやヨットが多数停泊している。

スポンサーリンク

Monte Solaro

4

ソラーロ山

カプリ島最高峰からの絶景が楽しめる

カプリ島で一番標高が高い地点が、アナカプリにあるソラーノ山の頂上である。 589メートルの高さからファラリオニの奇岩群やカプリの町などカプリ島一円を見下ろし、遠くはソレント半島やナポリ湾、イスキア島、視界のよい日にはサレルノ湾、ポンツァ島まで見渡せる。

Chiesa di San Michele

サン・ミケーレ教会

マヨルカ焼きのタイルで覆われた床が圧巻

アナカプリの聖ニコラ広場にあるこの教会は、1698年から1719年にかけて建てられた。 カプリ島で最も素晴らしいバロック様式の建物のひとつで、イタリアの著名な建築史専門家であるロベルト・パーネに「18世紀初期のナポリ建築で最も価値のある作品である」と言わしめた。 島がイギリスに占領されていた時期には、島の教会は抑圧され、弾薬庫として使われていた。

Villa San Michele

ヴィッラ・サン・ミケーレ

アナカプリで実現された、スウェーデン医師の夢の家

アナカプリの北西部にある、20世紀初頭にスウェーデン人の医師であり作家のアクセル・ムンテにより作られた素晴らしい邸宅である。 カプリの中心とアナカプリを結ぶ、フェニキア人によって作られたとされる石畳の階段スカーラ・フェニチア(「フェニキアの階段」の意味)上にそびえる崖に建つ。

Piazza Umberto I

ウンベルト1世広場

地元民も観光客も楽しめる、ナポリ周辺随一の絶景ポイント

ナポリ市街から連絡船に揺られておよそ30分、カプリ島の高台にあるのがこの「ウンベルト1世広場」だ。 ウンベルト1世広場はナポリ周辺でも人気の高い絶景スポットであり、広場からはカプリ島の市街地からソラーロ山、更には地中海までもを見渡すことが出来る。

スポンサーリンク

Villa Jovis

ヴィッラ・ジョビス

ローマ皇帝ティベリウスの別荘

カプリ島北東部にある、古代ローマ皇帝ティベリウスの別荘のひとつが遺跡として残されている。ティベリウスはカプリ島を愛し、島内に12のローマ様式のヴィッラを所有していたが、ここはその中でも最大で最も豪華なもので、敷地の面積は7000平方メートルにも及ぶ。 紀元後27年に建てられ、37年に亡くなるまでの晩年の10年間、ここに住まい、帝国の統治をしていた。

Certosa di San Giacomo

サン・ジャコモ修道院

カプリ島最古の建築物のひとつ

1363年に設立されたカルトジオ会の修道院である。カプリ島最古の建物のひとつで、14世紀に建てられた。カプリ島建築の典型例として挙げられる。 16世紀には海賊の襲撃を受けたり、その後疫病から自らを隔離するために修道院に篭った僧たちに市民が怒り、敷地に人間の死体を投げ入れたりと、暗い歴史の一面もある。

Chiesa di Santa Sofia

サンタ・ソフィア教会

ロンゴバルド族の世界遺産

ベネヴェントにある教会で、ロンゴバルドの建築様式の典型的な建物で、大変貴重である。 このため、2011年には「イタリアのロンゴバルド族:権勢の足跡(568‐774 年)」を構成する7つの建物のうちのひとつとして、ユネスコの世界遺産に登録された。

スポンサーリンク

スポンサーリンク