スポンサーリンク

ナポリ国際空港と市内へのアクセス方法

ナポリ国際空港と市内へのアクセス

2017/05/05 更新

Aeroporto di Napoli
  • データガイド

スポンサーリンク

スポンサーリンク

概要

ナポリ国際空港は、ナポリの中心から北北東におよそ6キロメートルのところに位置する空港で、ナポリ市のカポディキーノ(Capodichino)地区にあることからナポリ-カポディキーノ空港とも呼ばれている。

イタリア国内12の目的地、主にヨーロッパ圏内の各都市48の目的地とナポリをつなぐ空港で、2014年の旅客数は前年比9.5パーセントアップの596万人に及んだ。

1本の滑走路、2つのターミナルがあり、25の航空会社が国内線/国際線のフライトを就航している。ターミナル1がメインのターミナルで、少し離れたところにあるターミナル2は主にチャーター便の利用。

両替所は到着エリア、ATMは出発・到着両エリアに、手荷物預かり所は2階出発エリアのセキュリティコントロール付近にある。
メインのショッピングエリアはセキュリティチェック後にあるが、1階(Ground floor)の到着エリア/2階(First floor)の出発エリアにも数件ずつのショップや飲食店がある。
お土産を買い忘れた場合でも安心だ。

※留意事項
空港内で無料のWi-Fi利用可。
〈Gesac〉ネットワークに接続し簡単な登録をすると、ログインした時点から24時間、無料でインターネットに接続できる。

・ナポリ国際空港公式HP
http://www.aeroportodinapoli.it/web/portal/homepage

空港から市内へのアクセス

Aeroporto di Napoli

到着エリアは1階。
入国審査⇒預けた荷物の受け取り⇒税関を通過して出口を出たら、空港内の標識にしたがって各交通機関の乗り場まで。

ALIBUS SHUTTLE

ナポリ国際空港からガリバルディ広場(Piazza Garibaldi)を経由してムニチピオ広場を結ぶシャトルバス。
ガリバルディ広場はナポリ中央駅(Stazione Centrale FS)の駅前。
ナポリ中央駅からは鉄道への乗り継ぎのほか、中央駅の地下階、ガリバルディ広場駅(Napoli Piazza Garibaldi)駅からメトロ2号線やチルクムヴェズヴィアーナ(鉄道)に乗り継ぐこともできる。
またムニチピオ広場からは、カプリ島(Isola di Capri)やイスキア島(Isola d’Ischia)へのフェリーや高速船も出向するナポリ港(Porto di Napoli)もすぐそばだ。

■所要時間
ガリバルディ広場まで15-20分。
ムニチピオ広場まで30-35分。
20-30分おきの運行(6:30-23:40)。

■料金
大人€3(市内のメトロ・バス・ケーブルカー共通チケット、90分間有効。ただし、ALIBUS SHUTTLEの往復は不可)。
1階到着エリアの「Sun Store shop(キオスク/タバコ/ギフト店)」またはバス車内で購入可。ただし車内で購入するとプラス€1。

■乗り場
到着エリアを出て50メートルほどのところにある「ALIBUS SHUTTLE」乗り場。

・ALIBUS SHUTTLE
http://www.anm.it/images/stories/PDF/alibus/1.capodichino%202015.pdf

タクシー

Aeroporto di Napoli

■所要時間
市内中心までおよそ20分。

■料金
ナポリ国際空港-ムニチピオ広場(Piazza Municipio):は€19の定額(荷物や深夜料金などのすべて含む/追加料金なし)。
定額エリア外は料金メーター制。

■乗り場
到着エリアを出たところのタクシー乗り場。

※留意事項
乗車時(メーターが動き出す前)に、定額料金(イタリア語でTariffePredeterminate/英語でFixed Tariff)を適用してほしい旨ドライバーに伝え、その場で料金を確認すること。
行先だけを告げるとメーター制が適用され、料金が高くなってしまう。イタリア語や英語が難しい場合は、タクシーに表示してある料金表を使って指を指して伝えてみてもいいかもしれない。

公認ドライバー以外のタクシーには乗らないこと。
イタリアの公認のタクシーは車体が白で屋根の上に「TAXI」のサインがあり、車体の目立つ位置(ナンバープレートやフロントガラスなど)と車内に公式のライセンスナンバーの表示がある。
空港内で客引きをしている非公認のドライバーもいるため、タクシーを利用する際はタクシー乗り場から公認のタクシーに乗るようにしよう。

ナポリの危険対策

人気記事

海外での防犯対策グッズ
海外旅行に必要なパスポートとお金
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク