スポンサーリンク

ナポリのアクセス・交通情報

特集

飛行機で安眠できる最強睡眠グッズを旅のプロが厳選

「到着した日は疲れて眠たいのは当たり前」、「飛行機の中では2-3時間寝られれば良い方」というような、機内で安眠できない旅行者のために、一年の内かなりの日数を飛行機内で過ごすHowTravel編集部が、最強睡眠グッズをご紹介する。せっかくお金を出して、限られた休暇の中で旅行に行くのだから初日から最終日まで目一杯旅行を満喫しよう。

マイルを貯めて飛行機に乗る

クレジットカードでマイルを貯めてタダで海外に!

頻繁に飛行機を利用しないからといってマイルを貯めてこなかった人は、大きな損をしているかもしれない。アメリカやヨーロッパへの往復フライトで得られるマイルだけで、東京大阪間の航空券や韓国や台湾といった近隣国の航空券に無料で交換することができる。また、公共料金の支払いをクレジットカード経由にしたり、日々発生する費用をクレジットカードで支払ったりすることでもマイルを獲得することができ、タダで世界中を旅行することも可能だ。この記事ではHowTravelのお勧めマイレージカード情報をご紹介する。

HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スーツケース お勧め人気ブランドランキング

スーツケースの人気ブランドのランキング!数あるスーツケースのブランドから、特にオススメ出来るブランドを厳選してランキング形式で紹介する。

アクセス・交通

6件

Aeroporto di Napoli

1

ナポリ国際空港と市内へのアクセス

ナポリ国際空港は、ナポリの中心から北北東におよそ6キロメートルのところに位置する空港で、ナポリ市のカポディキーノ(Capodichino)地区にあることからナポリ-カポディキーノ空港とも呼ばれている。

Naples taxi

2

ナポリのタクシー

ナポリのタクシーは車体が白く、運転席と助手席のドアにナポリの市章が描かれている。 町の規模にしてはタクシーの数が少ないので、流しのタクシーはつかまえづらいかも知れない。 タクシー乗り場は鉄道駅、バスターミナル、空港など市内に165ヶ所ある。イタリア・ナポリのタクシー料金は基本的にメーター制である。空港から市内中心部には固定料金制も導入されている。 ナポリ市の公式サイトに示されているナポリ市内のタクシー料金表は次のとおりである。

metro

3

ナポリのメトロ(地下鉄)

ナポリには、メトロが7路線、ケーブルカーが4路線走っており、ナポリ市内を網羅している。 メトロの7路線は、様々な鉄道会社が参入しており、1号線と6号線は、メトロナポリが運営している。 2号線はトレニタリア、3号線、4号線はチルクムヴェズヴィアーナ、5号線、7号線は、SEPSAが運営している。

スポンサーリンク

bus

4

ナポリのバス

ナポリ市内を走行するバスは、オレンジ色のバスが特徴で、路線によってバスの大きさは異なる。 ナポリのバス停は、どこにあるのか分かりづらく、なかなか見当たらないこともある。 バス停名の表示や時刻表もないことが多く、慣れていないと戸惑うかもしれない。

railway

イタリアの鉄道

イタリアの鉄道は、国内はもちろん隣国のフランス、スイス、オーストリア、ハンガリーなど、他国の路線とも結ばれている交通機関である。高度な技術を用い、国全体で約1万9000キロメートルにわたって路線が張り巡らされている。 イタリアの鉄道は「トレニタリア」と呼ばれるイタリア最大の鉄道会社を中心に運行を行っている。もともとは国営だったトレニタリアだが、現在は民営化されている。トレニタリアを利用すればベネチアからジュネーブまで約4時間、ローマからシチリア島まで約13時間で到着することができる。イタリア国内の観光や、隣国への移動には鉄道は欠かせない存在である。 トレニタリアの列車には、速さや料金、設備などが異なる様々な種類の列車が走っており、大きくローカル列車・特急列車・国際列車の3つに分けられる。ローカル列車には短距離-中距離を走るレジョナーレ、中距離-長距離を走るインテルレジョナーレ、準急列車のディレット、急行のエスプレッソがある。特急列車には、主要都市間を走行するインテルシティ、主要都市間を高速列車で結ぶエウロスター・イタリアなど、その種類は多種多様である。

Marina Grande

マリーナ・グランデ

カプリ島への観光客が最初に到着する玄関口

カプリ島北岸にあり、ナポリやソレントなどからの船が到着するカプリ港があるのが、このマリーナ・グランデ地区である。 海路で来る観光客はすべて、ここから上陸することになる。海からは荒々しい断崖のふもとに白やパステルカラーの建物というカプリらしい景色が望める。ボートやヨットが多数停泊している。

スポンサーリンク

スポンサーリンク