スポンサーリンク

サン・ロレンツォ・マッジョーレ教会の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

サン・ロレンツォ・マッジョーレ教会
Basilica di San Lorenzo Maggiore

2017/05/05 更新

Basilica diSan Lorenzo Maggiore

スポンサーリンク

スポンサーリンク

概要

最古の初期キリスト教会

Basilica diSan Lorenzo Maggiore

ドゥオモからトリノ通りへ進み、左手にあるポルタ・ティチネーゼ通りをさらに南下していくと、大きな16本の石列柱を目印とするサン・ロレンツォ・マッジョーレ教会がある。
この巨大な列柱は3世紀古代ローマ時代のコリント様式の建築で、教会建設時に移築された。

初期キリスト教時代の最古の教会のひとつであり、4世紀に建てられたサン・ロレンツォ・マッジョーレ教会。
12から13世紀と16世紀に大規模な改築が行われたが、右奥の聖アクイリーノ礼拝堂は4世紀当初からのままで初期キリスト時代の構造とモザイク壁画が残っている。
堂内は非常にシンプルでほとんど装飾がない。教会では珍しく、聖アクイリーノ礼拝堂の見学は有料だ。外でお金を払い中に入って見学出来る。

見どころ

コンスタンティヌス皇帝像

Basilica diSan Lorenzo Maggiore

目の前の広場の中央には、313年に「ミラノ勅令」を出したローマ皇帝コンスタンティヌス1世の像が立っている。
「ミラノ勅令」はミラノでのキリスト教を公認することを認めたもの。
より正確には、キリスト教を含むすべての宗教の完全なる信仰の自由を保障するものであった。
つまり、サン・ロレンツォ・マッジョーレ教会のような初期キリスト教会の建築は、皇帝コンスタンティヌスの「ミラノ勅令」がきっかけに実現したとされるため、彼の像が目の前に作られた。

ミラノの危険対策

人気記事

海外での防犯対策グッズ
海外旅行に必要なパスポートとお金
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク