スポンサーリンク

市街西部(S.M.N.駅周辺)×観光

このカテゴリーをフィレンツェ全域で見る

特集

フィレンツェのお勧め定番観光スポット10選

初めてフィレンツェに訪れるなら、まずはこの定番スポットをチェック♪ 絶対行くべき定番スポットを厳選しました。

フィレンツェから行ける世界遺産

フィレンツェから行ける世界遺産

旅行の面白みといえば、日本では見ることができない景色に出会うこと。 その最高峰が「世界遺産」だ。フィレンツェから行ける世界遺産は全部で12箇所。 フィレンツェに来たら是非足を伸ばしてみたいところだ。

イタリアの世界遺産

イタリアの世界遺産

旅行の面白みといえば、日本では見ることができない景色に出会うこと。 その最高峰が「世界遺産」だ。イタリアには約50箇所の世界遺産が登録されている。 多くの世界遺産があるイタリア。仕事などで定期的に訪れている人を除いて、滅多にこれない国なので、なるべくたくさんの世界遺産に訪れたいものだ。

市街西部(S.M.N.駅周辺)×観光

5件

Basilica di Santa Maria Novella

1

サンタ・マリア・ノヴェッラ教会

白と黒の大理石で彩られた、美しいルネッサンス様式のファサード

ゴシック様式の重厚な建物を飾る、白と黒の大理石で彩られた、美しいルネッサンス様式のファサード(デザイン)が有名なサンタ・マリア・ノヴェッラ教会。後に大きな影響を与え、多くの建物に模倣された。ファサードの下部は石棺になっており、メディチ家の人々やドメニコ・ギルランダイオの墓を見る事ができる。 サンタ・マリア・ノヴェッラ駅の目の前、徒歩3分というとても便利な場所にあるが、不定期に閉まっている事もあるので、現地でスケジュールを確認する事をお勧めする。早めに閉まるので時間に余裕を持って訪れたい。教会の観覧は有料だ。

Museo Marino Marini

2

マリノ・マリーニ美術館

歴史ある古い教会を彩る、現代アートの数々

イタリアの著名な彫刻家、画家、版画家であるマリノ・マリーノの名を冠したこの美術館は、もとは1000年以上の歴史を持つ古い教会であった。 カール大帝により設立されたと言われるサン・パンクラッツィオ教会は、19世紀頃政府により廃止され、倉庫として長い間使われていた。 1970年代になって修復され美術館として使われるようになった。

3

カッシーネ公園 (カッシーネ市)

火曜日の朝はカッシーネ市

300文字以上 アルノ側に沿って約3.5キロメートル×500メートルに広がる160ヘクタールの面積を持つカッシーネ公園では、毎週火曜日の午前8時から昼過ぎまで青空マーケット「カッシーネ市」が開催される。 種類豊富な品揃えで激安なので大人気庶民派マーケットだ。服、靴、ベルトやアクセサリー等のファッションアイテムから、カーテン、テーブルクロス、陶器、調理器具、化粧品などの日用雑貨まで。

スポンサーリンク

Chiesa de Ognissanti

4

オーニッサンティ教会

ギルランダイヨの壁画「最後の晩餐」のある教会

フィレンツェの入り口サンタ・マリア・ノッヴェラ駅からわずか徒歩1分の立地にあるオーニッサンティ教会には、壁画「最後の晩餐」がある。 この「最後の晩餐」はギルランダイヨの作品だが、ミラノのレオナルド・ダ・ヴィンチの作品に影響を受けたとされており、教会付属の食堂に書かれているという点も同じである。完成度は高く保存状態も良い。

Palazzo Rucellai

ルチェッライ宮

フィレンツェの権力者、ルッチェライ家の繁栄の面影を見る

カッライア橋を渡り、カルロ・ゴルドーニ広場から東の方に伸びるヴィーニャ・ヌオーヴァ通りに面して、ルッチェライ宮がある。 赤い染料を発見したことで大儲けして財を成したルッチェライ家は、フィレンツェで最も有力な一族の一つであった。

スポンサーリンク

スポンサーリンク