スポンサーリンク

フィレンツェの公園・広場人気ランキング

公園・広場

25件

Villa Medicea di Castello

1

カステッロ

メディチ家の別邸と庭園の一つ

フィレンツェ郊外北西に6.8キロメートル、バスで30分程度の場所にあるのがメディチ家の別邸カステッロ荘。 1477年にメディチ家がこの土地を購入し、邸宅庭園のデザインが行われた。 メディチ家の庭園は複数存在するが、カステッロ荘は郊外に作られた初めての別荘でもある。 邸宅内部は一般公開されていないが、庭園内は無料入場出来る。

Piazzale Michelangelo

2

ミケランジェロ広場

絶景スポット・ミケランジェロ広場

小高い丘の上にあるミケランジェロ広場はフィレンツェの街を展望できる人気スポットだ。観光名所としてだけでなくフィレンツェっ子のデートスポットでもある。夜景もロマンチックな雰囲気で素晴らしいので、特に夏場は夜遅くまで多くの人で賑わっている。 広場へのアクセスはフィレンツェ中心部から徒歩で30分-40分程度。高級住宅エリアを通過するので散策を楽しみながら徒歩で向かうのも良いが、緩やかな坂道となっているので、歩きたくない時はバスが便利。

Piazza della Signoria

3

シニョーリア広場

ルネサンスの栄光が急速に力を失うきっかけとなった場所

ローマ時代には政治的な要所としての役割も持っていた広場である。 現在は失われてしまっているが、かつて周囲にはローマ劇場、公衆浴場、市場などがあり、活況を呈していたことが分かっている。 西側から見てL字型になっているのは、かつて教皇派と皇帝派が争っていた頃、勝利した教皇派が皇帝派の家を取り壊し、広場の一角が欠けてしまったからである。

スポンサーリンク

Giardino di Boboli

ボーボリ庭園

メディチ家の庭園

ピッティ宮に隣接し、約45,000平方メートルの敷地に広がる広大なイタリア式庭園。 2013年世界遺産指定されたフィレンツェで最も大きい公園の一つである。

Piazza della Repubblica

レプッブリカ

フィレンツェ発祥の地でもある、街中にぽっかりと広がる由緒ある広場

フィレンツェの共和国広場(レプッブリカ広場)の歴史は、紀元前1世紀頃にさかのぼる。 当時のフィレンツェは半径500メートルほどの小さな町で、フロレンティアという名前のローマの植民地であった。 ローマ帝国の政策により東西・南北に伸びる道が作られ、それらが交わる場所が広場となった。 当時は市場や劇場があったことから、旧市場と呼ばれている。

カッシーネ公園 (カッシーネ市)

火曜日の朝はカッシーネ市

300文字以上 アルノ側に沿って約3.5キロメートル×500メートルに広がる160ヘクタールの面積を持つカッシーネ公園では、毎週火曜日の午前8時から昼過ぎまで青空マーケット「カッシーネ市」が開催される。 種類豊富な品揃えで激安なので大人気庶民派マーケットだ。服、靴、ベルトやアクセサリー等のファッションアイテムから、カーテン、テーブルクロス、陶器、調理器具、化粧品などの日用雑貨まで。

Piazza Santissima Annunziata

サンティッシマ・アンヌンツィアータ広場

フェルディナンド1世を望みながら小休止

フィレンツェ大聖堂、サン・ロレンツォ聖堂と重要建築物が立ち並ぶ一角に、サンティッシマ・アンヌンツィアータ広場はある。 広場は晴れた日には非の光が気持ちよく注ぎ、散策で歩き疲れた体を少し休めるには絶好のポイントだ。 広場の中央には、ジャンボローニャ作フェルディナンド1世の大きな騎馬像が私たちを見下ろすかのようにそびえ立っている。

スポンサーリンク

Fontana del Nettuno

ネットゥーノの噴水

フィレンツェの「白の巨人」

ドゥオモから徒歩5分、ヴェッキオ宮殿前L字形のシニョリーア広場にある大きな八角形の噴水。 この海神ネットゥーノの噴水(ネプチューンの噴水)は、バルトロメオ・アンマーティの代表作の一つで、1562年のコジモ大公1世が対オスマン帝国のために創立した海軍を記念して作られた。

Villa di Pratolino

プラトリーノ

メディチ家の別邸と庭園

フィレンツェ郊外北に約12キロメートル、バスで45分程度の場所にあるのがメディチ家の別邸プラトリーノ荘。 プラトリーノは地名でフィレンツェに隣接するヴァーリアという町にある。 メディチ家フランチェスコ1世の為に1569年から1581年にかけてベルナルド・ブオンタレンティによって作られた。

Gairdino Bardini

バルディーニ美術館

季節の花々が美しいバルディーニ庭園と美術館

ボーボリ庭園の東側、ミケランジェロ広場の手前斜面に広がる階段状の緑地がバルディーニ庭園。 4月は天井アーチいっぱいに広がる藤の花、5月はバラやアイリス、6月は紫陽花で彩られ、庭園内26のテーマとともに四季の変化が楽しめる。 頂上には柱廊式の展望台もあり美しい花々に囲まれながらフィレンツェの街の眺めが堪能出来る。

スポンサーリンク

スポンサーリンク