スポンサーリンク

ホーン美術館の見所、料金、営業時間、アクセス・行き方等の観光情報

ホーン美術館
Il Museo Horne

2016/08/04 更新

Il Museo Horne

概要

ゴシックからルネサンスへの変遷を堪能

Il Museo Horne

ホーン美術館は、イギリス人美術商のハーバート・ホーンがその死に際して収集品を全てイタリア政府に寄贈し、死後彼の自宅をそのまま美術館としたものである。

 ホーンは生前、後期ゴシックからルネサンス期にかけての絵画を多数収集しており、それらの作品は描かれた時代によって全く違ったタッチで描かれていることがよく分かる。
この美術館で最も著名なのが、ジョットによる「聖ステファノ」であろう。
ゴシックからルネサンスへ、まさに移り変わる時期に描かれたものであり、全体の雰囲気はゴシック的でありながら顔の描写はルネサンス期を思わせる絶妙な仕上がりになっている。
また、鮮やかな色彩は一際存在感を放っており、見る者の心を奪う。

ホーン美術館にはこれ以外にも、ピエロ・ディ・コジモの「トンド」や、フィリッポ・リッピの「ピエタ」など、学術的にも大変価値のある絵画が多数収蔵されている。

(Photo by Sailko Sailko)

スポンサーリンク

)

あなたにおすすめ

)

関連スポット