スポンサーリンク

中世邸宅博物館(ダヴァンツァーティ宮)の見所、料金、営業時間、アクセス・行き方等の観光情報

中世邸宅博物館(ダヴァンツァーティ宮)
Palazzo Davanzati

2016/08/04 更新

Palazzo Davanzati

概要

中世の暮らしを今に伝える、貴重な邸宅博物館

Palazzo Davanzati

1300年代半ばに建てられた建物には、260年に渡ってダヴァンツアーティ家が暮らしていた。
当主が自殺してダヴァンツアーティ家が途絶えた後、この家を買い取った古物商により、一家の貴重な家具は全て売り払われてしまった。
後に国が家を買い取り、調度品を揃えて中世の生活様式を再現、1956年に博物館としてオープンした。

オウムの絵で壁が埋め尽くされた、2階のオウムの間(Sala Die Pappagalli)や、寝室でもあるクジャクの間(Camera Di Pavoni)などが有名。
当時の落書きがそのまま残る3階の部屋や、広々とした寝室を飾るフレスコ画、当時のバスルームやトイレや、キッチンなどの水回りも見ることができる。

3階から上は一般には公開されておらず、ガイド付きのツアーを申し込むと見ることができる。

中世邸宅博物館(ダヴァンツァーティ宮)の危険対策


(Photo by Haydn Blackey)

人気記事

海外旅行に必要なパスポートとお金
海外での防犯対策グッズ
マイルを貯めて飛行機に乗る
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク