サンティッシマ・アンヌンツィアータ教会の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

サンティッシマ・アンヌンツィアータ教会
Basilica della Santissima Annunziata

2017/05/05 更新

http://www.howtravel.com/wp-content/uploads/2015/07/slick_Basilica-della-Santissima-Annunziata-1080x717.jpg

スポンサーリンク


スポンサーリンク


概要

美しいガラス張りの回廊が心地よい、聖母マリアの受胎告知に捧げられた教会

Basilica della Santissima Annunziata

かつて小さな礼拝堂があった場所に、「聖母マリアの下僕信心会」と言われる人々が13世紀頃に教会をたてた。それが、サンティッシマ・アンヌンツィアータ教会(聖母マリアの受胎告知に捧げる教会)である。
15世紀に、ロレンツォ・ギベルティの弟子であるミケロッツォ・ディ・バルトロメオ(ミケロッツォ・ミケロッツィとも呼ばれる)によって再建され、現在の姿になった。

「誓いの柱廊(又は、願掛けの回廊など)」と呼ばれるガラス張りの柱廊には、たくさんの美しいフレスコ画が描かれている。
ロッソ・フィオレンティーノの「聖母被昇天」や、ヤコポ・ダ・ポントルモの「聖母の訪問」などが有名。

映画「冷静と情熱のあいだ」にも登場するサンティッシマ・アンヌンツィアータ広場に面して建っており、捨て子養育院美術館の隣に位置する。
フィレンツェ大学の近く、アカデミア美術館から徒歩数分の場所にある。

この教会は、現在も信仰の場としてフィレンツェ市民に愛される大切な場所である。
ミサが行われている間は観覧できないので注意。

見どころ

ミケロッツォの豪華絢爛な礼拝堂と天使が描いたとされる聖母像


教会の内部は外部とは趣が異なり、豪華絢爛なバロック様式になっている。比較的薄暗い。
祭壇や説教壇も細部にまで装飾が施されとても美しい。
両サイドには礼拝堂が並んでおり、中でもミケロッツォが作った豪華な「小礼拝堂」が有名。入口を入ってすぐ左側にある。

ミケロッツォの礼拝堂に飾られている「聖母像」には、画家が眠っている間に天使が仕上げてしまったという伝説がある。
今でもこの絵は天使が描いたと信じられており、多くの人が祈りを捧げに訪れている。
この絵を見るために訪れる観光客も多い。

フィレンツェ旅行者の必読記事

(Photo by wolfB1958 Gus Valentim)

人気記事

フィレンツェのホテル
海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
海外旅行に必要なパスポートとお金
wifiレンタル

スポンサーリンク