特集

ドイツの世界遺産

ドイツの世界遺産

旅行の面白みといえば、日本では見ることができない景色に出会うこと。 その最高峰が「世界遺産」だ。ドイツには40箇所の世界遺産が登録されている。 多くの世界遺産があるドイツ。仕事などで定期的に訪れている人を除いて、滅多にこれない国なので、なるべくたくさんの世界遺産に訪れたいものだ。

munich

【ドイツ】ミュンヘンの定番観光スポット10選。絶対外せないお勧め観光地を厳選!

初めてミュンヘンを訪れるなら外せない定番観光スポットを厳選してお届けする。どれもミュンヘンを代表する観光名所なので見逃さないようにしたいところ。 ミュンヘンはドイツで3番目に規模の大きい都市だが、メトロなどの交通機関が発達しているので楽に観光できる。 また、ミュンヘン郊外にも定番の観光スポットがあり、アクセスするのに少し時間がかかるため、旅の計画を事前に立てることが重要だ。まずはここで紹介する定番観光スポットを抑え、旅程を組み立てると良い。 各観光スポットを巡る際には美しい街並みにも注目だ。

ミュンヘン近郊の世界遺産

ミュンヘンから行ける世界遺産

旅行の面白みといえば、日本では見ることができない景色に出会うこと。 その最高峰が「世界遺産」だ。ミュンヘンから行ける世界遺産は全部で7つ。 ミュンヘンに来たら是非足を伸ばしてみたいところだ。

munich_couple

【ミュンヘン】カップルでの旅行や新婚旅行にお勧め!ロマンチックな観光スポット

カップルやハネムーンでのミュンヘン旅行にお勧めの観光スポットをまとめてお届け!海外は普段と勝手が異なり、どうしていいか悩んでいるカップルも多いのでは?ロマンチックな観光スポットからレストランまで、大切な方とミュンヘンで楽しく過ごせるスポットを厳選しました。

family_munich

【ミュンヘン】家族旅行にお勧め!子連れで楽しい観光スポットまとめ【シーン別お勧め】

お子さんと一緒に楽しめるミュンヘンの観光スポットを紹介します。子供を連れた海外旅行は何かと気を遣うもの。慣れない土地で不機嫌になってしまったり、迷子になったりしたら大変なので気を抜けないですよね。また、子供が楽しんでくれる観光スポットって実は大人とは異なるもの。 ミュンヘン観光において子供でも楽しめる観光スポットを厳選したので、ミュンヘンで家族旅行を計画する際の参考にしてみて下さい。

ミュンヘン近郊×観光

8件

Olympiapark

1

オリンピック公園

ミュンヘンオリンピックの記念公園

1972年に開催されたミュンヘンオリンピックを記念して残されたオリンピック公園。第20回目の夏季オリンピックのメインスタジアムとしてだけではなく、ワールドカップの決勝スタジアムとしても活躍した場所だ。敷地内には約7万人を収容するオリンピックスタジアムや、コンサート会場になるオリンピックホールがある。

Nymphenburg Palace

2

ニンフェンブルク城

バイエルン王の美しい夏の離宮

17世紀にバイエルン王の夏の宮殿として造られたのが、ニンフェンブルク城である。宮殿内には数々の名所があり、代表的なものとして大広間「石のホール」、ルートヴィヒ1世のコレクション「美人画ギャラリー」、「馬車博物館」、「陶磁器コレクション」などが挙げられる。また、ニンフェンブルク陶器の工房も存在しており、工房で産み出される品質の高い手作り陶器は、世界的な評価も高い。 ニンフェンブルク城の所要時間としては、足早に観光する場合で2時間程度、ゆっくり観光する場合で3時間-4時間を見込んでおきたい。

BMW Museum

3

BMW博物館

BMW自動車の歴史を見ることができる博物館

BMW博物館では、ドイツが誇る自動車の歴史を見る事ができる。オリンピック公園のそば、4本のシリンダー型のBMW本社(通称4気筒ビル)に隣接しているお椀型の建物で、モダンな館内は最先端のテクノロジーを感じさせる作りになっている。通路は螺旋状になっており、BMWにちなんだ多くのコレクションが展示されている。

スポンサーリンク

Konzentrationslager Dachau

4

ダッハウ強制収容所

戦争と平和を考える跡地

かつての第二次世界大戦の直前に建設された「ダッハウ強制収容所」。 後に建設される数々の収容所のモデルとなった。 収容所跡地には、いつまでも人類が犯した過ちを忘れないための博物館が建てられている。

Waldfriedhof

ヴァルトフリートホーフ

広大な敷地の森林墓地

ミュンヘン市内にある広大な森林墓地が「ヴァルトフリートホーフ」である。 この森林にはドイツの児童作家である、ミヒャエル・エンデの墓があることで有名だ。 ヴァルトフリートホーフ内に青銅墓碑があり、周りにはエンデの作品に登場する亀やフクロウなどが見受けられる。 エンデの墓は正面入り口から10分ほど歩くので、入り口近くの看板標識で確認したほうがいいだろう。

altes-und-neues-schleisheim-und-schlos-lustheim

シュライスハイム城とルストハイム城

湿地帯に現れる荘厳な大邸宅

ミュンヘン郊外ののどかな田舎の風景の中に、突然美しい庭園と荘厳な宮殿が現れ、思わず息をのむ景色が広がる。 シュライスハイム城は、旧宮殿(Altes Schloß)と新宮殿(Neues Schloß)、ルストハイム城と呼ばれる離れ(Schloß Lustheim)、そして庭園(Hofgarten)からなる。 歴史は、1597年、フライジング大聖堂総会からの多額の献金を得たバイエルン公爵ヴィルヘルム5世がシュライスハイムの湿地帯を購入したことから始まる。

Bavaria Filmstadt

ババリア・フィルムシュタット

ドイツ・ミュンヘンの映画の都

ヨーロッパでも最大規模の映画スタジオがある「ババリア・フィルムシュタット」。 ドイツの児童作家ミヒャエル・エンデ作-はてしない物語が原作の、「ネバーエンディングストーリー」や「Uボート」、昔のSF映画のセットなどの撮影所を見学することができる。 見るだけでなくファルコンに乗って撮影したり、観客が参加して短編映画を作ったりと、体験型の楽しみもあるので旅行者の人気が高いスポットである。

スポンサーリンク

Michael Ende Museum

ミヒャエル・エンデ博物館

日本とも関わりの深いドイツ児童作家エンデを知る博物館

ドイツの児童作家ミヒャエル・エンデは、日本人の女性と結婚していたり、日本の黒姫童話館でもエンデの世界が取り上げられるほど、日本との関わりが深いドイツ児童作家である。 代表作は「はてしない物語(日本語名)」、「モモ」など。

スポンサーリンク

スポンサーリンク