スポンサーリンク

特集

ドイツの世界遺産

ドイツの世界遺産

旅行の面白みといえば、日本では見ることができない景色に出会うこと。 その最高峰が「世界遺産」だ。ドイツには40箇所の世界遺産が登録されている。 多くの世界遺産があるドイツ。仕事などで定期的に訪れている人を除いて、滅多にこれない国なので、なるべくたくさんの世界遺産に訪れたいものだ。

munich

【ドイツ】ミュンヘンの定番観光スポット10選。絶対外せないお勧め観光地を厳選!

初めてミュンヘンを訪れるなら外せない定番観光スポットを厳選してお届けする。どれもミュンヘンを代表する観光名所なので見逃さないようにしたいところ。 ミュンヘンはドイツで3番目に規模の大きい都市だが、メトロなどの交通機関が発達しているので楽に観光できる。 また、ミュンヘン郊外にも定番の観光スポットがあり、アクセスするのに少し時間がかかるため、旅の計画を事前に立てることが重要だ。まずはここで紹介する定番観光スポットを抑え、旅程を組み立てると良い。 各観光スポットを巡る際には美しい街並みにも注目だ。

ミュンヘン近郊の世界遺産

ミュンヘンから行ける世界遺産

旅行の面白みといえば、日本では見ることができない景色に出会うこと。 その最高峰が「世界遺産」だ。ミュンヘンから行ける世界遺産は全部で7つ。 ミュンヘンに来たら是非足を伸ばしてみたいところだ。

munich_couple

【ミュンヘン】カップルでの旅行や新婚旅行にお勧め!ロマンチックな観光スポット

カップルやハネムーンでのミュンヘン旅行にお勧めの観光スポットをまとめてお届け!海外は普段と勝手が異なり、どうしていいか悩んでいるカップルも多いのでは?ロマンチックな観光スポットからレストランまで、大切な方とミュンヘンで楽しく過ごせるスポットを厳選しました。

family_munich

【ミュンヘン】家族旅行にお勧め!子連れで楽しい観光スポットまとめ【シーン別お勧め】

お子さんと一緒に楽しめるミュンヘンの観光スポットを紹介します。子供を連れた海外旅行は何かと気を遣うもの。慣れない土地で不機嫌になってしまったり、迷子になったりしたら大変なので気を抜けないですよね。また、子供が楽しんでくれる観光スポットって実は大人とは異なるもの。 ミュンヘン観光において子供でも楽しめる観光スポットを厳選したので、ミュンヘンで家族旅行を計画する際の参考にしてみて下さい。

中央駅周辺×観光

8件

Alte Pinakothek

1

アルテ・ピナコテーク

バイエルン王国の栄華を示すコレクション

アルテ・ピナコテーク世界的にも特に歴史の古いドイツの国立美術館だ。1919年にドイツが共和国となるまで、約10世紀にわたりバイエルン国を治めたバイエルン王家ヴィッテルスバッハ家の所蔵品を展示する為に建設された。 ミュンヘンを始め、バイエルン州各地には現在でも、その繁栄を今に伝える建造物が多く残されている。アルテ・ピナコテークに収蔵される絵画の数々は、ヴィッテルスバッハ家の財力と権力、そして高度な芸術的感覚を象徴している。ヴィッテルスバッハ家の絵画収集は長い年月をかけ続けられた。世界6大美術館にも数えられるほどの貴重なコレクションを堪能しよう。

Neue Pinakothek

2

ノイエ・ピナコテーク

近代名画コレクションが魅力の美術館

ヨーロッパの代表的な美術館アルテ・ピナコテークの向かいにあるのが、ノイエ・ピナコテーク美術館だ。 ルートヴィヒ1世によって1853年に開設されたが、後の戦災によって建て直されたので、現在は新しくてモダンな様子になっている。 18世紀半ばから20世紀にかけての5千点の作品をコレクションしている。

Pinakothek der Moderne

3

ピナコテーク・デア・モデルネ

現代アートの集合施設

ヨーロッパ最大規模の現代アート美術館。 アルテ・ピナコテーク、ノイエ・ピナコテークに続いて建設され、20世紀以降のアートを集めて2002年に公開が始まった。 絵画を中心に公開する2つのピナコテークとは異なり、モダン・ピナコテークは美術、グラフィック、建築、デザインの4つの分野に分けられた現代アートを展示している。

スポンサーリンク

Städtische Galerie im Lenbachhaus

4

レンバッハハウス美術館

現代美術の宝庫!ミュンヘン市立美術館

19世紀ドイツで肖像画家、美術収集家として活動したレーンバッハ侯爵の邸宅を活用した「市立レーンバッハギャラリー」。 侯爵の邸宅を改装し、お洒落な黄色い壁が印象的な、市が運営する美しい美術館となっている。 現在は、新レーンバッハ美術館も隣にできている。

Karlstor

カールス門

ミュンヘン市街への入り口

中央駅からマリエン広場へ向かうちょうど中心の位置にカールス門は立つ。 大きな噴水があるカールス広場は市民や観光客が記念撮影をしたり、腰かけて足を休めたりと思い思いの時間を過ごし、1日中活気が絶えない。 この門をくぐると歩行者天国が始まる。 ミュンヘン観光のメインストリートの始まりだ。

Landgericht München I

ミュンヘン地方裁判所

過ちを認め、正義を誓う裁判所

カールス広場を背にして目の前にある大きな建物が地方裁判所だ。 1890年から1897年にかけて、建築家フリードリヒ・フォン・ティールシュによって建てられた荘厳なネオバロック様式の建物で、目を引く巨大なガラスドームは約67mの高さがある。

Glyptothek

グリプトテーク

歴代ローマ皇帝の胸像が見れる彫刻専門美術館

ドイツ初の彫刻博物館であり、ギリシャ・ローマ時代の彫像が展示されているグリプトテーク(彫像陳列館)。 名前の通り彫像専門の美術館だ。絵画を見にピナコテークに行くのなら、ヨーロッパでも重要な彫刻コレクションが収納されている、グリプトテークも鑑賞していくのがおススメである。

スポンサーリンク

Karlsplatz

カールス広場

世界最大の歩行者専用道路の入り口

ミュンヘン観光のメインストリートへの入り口がこのカールス広場である。 ミュンヘン中央駅からは地下街でつながっている。 大きな噴水が目印で、大きな半円状の建物が広場を囲むように立っている。 噴水の周りでは観光客や市民がおしゃべりをしたり、写真を取ったり、座ってランチをしたりと、思い思いの過ごし方をしている。

スポンサーリンク

スポンサーリンク