スポンサーリンク

ミュンヘンから行ける世界遺産

ミュンヘン近郊の世界遺産

2017/05/15 更新

旅行の面白みといえば、日本では見ることができない景色に出会うこと。 その最高峰が「世界遺産」だ。ミュンヘンから行ける世界遺産は全部で7つ。 ミュンヘンに来たら是非足を伸ばしてみたいところだ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ミュンヘン近郊の世界遺産

ミュンヘン近郊には、全部で7箇所の世界遺産がある。
バイエルン州には、「ヴュルツブルク司教館、その庭園群と広場(1981年)」、「ヴィースの巡礼教会(1983年)」、「バンベルクの町(1993年)」、「レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ(2006年)」、「バイロイト辺境伯歌劇場(2012年)」の5箇所。
バーデン=ヴュルテンベルク州には、「マウルブロンの修道院群(1993年)」、「僧院の島ライヒェナウ(2000年)」の2箇所だ。

バイエルン州にある世界遺産

  • ヴュルツブルク司教館

    ヴュルツブルク司教館、その庭園群と広場

    1981年に世界遺産登録された「ヴュルツブルクのレジデンツ(Würzburger Residenz)」は、ヴュルツブルク大司教の宮殿だ。
    バルタザール・ノイマンが設計した、ヨーロッパ屈指のバロック様式の宮殿で、建物内には様々な部屋がある。
    特に有名なのは1~2階にある「階段の間」で、画家ティエポロの描いた、世界最大のフレスコ画がある。
    また、宮殿の南側と東側に広がるホーフ庭園も美しい。

    ツアー予約
    マイン川沿いの美しい古都ヴュルツブルクで世界最大のフレスコ画を見学しよう。
    ・費用:EUR 79.00
    ・時間:3.5時間

    予約はこちら

  • ヴィースの巡礼教会

    ヴィースの巡礼教会

    バイエルン州南部にある、キリスト教の教会。
    1738年に、あまりにも痛々しい姿から、長い間奥にしまわれていた「鞭打たれるキリスト」の木像を、ある農家の婦人がもらい受けたところ、キリストの像が涙を流したという。
    その噂を聞きつけた人々が、この像をひと目見ようと、婦人の家に押し寄せたため、1740年にこの婦人が小さな礼拝堂を建てた。
    それでも巡礼者はどんどん増えたため、新たに教会を建てることとなり、1745年から1754年にかけてドミニクス・ツィンマーマンとヨハン・バプティストによって現在の教会が建設された。
    豪華で繊細な内部の装飾と、素朴な外観の対比がおもしろく、アルプスの緑の牧草地に、白い壁が映える。

    ツアー予約
    ドイツで最も人気のある観光スポット、シンデレラ城のモデルになったノイシュバンシュタイン城と世界遺産ヴィース教会を見学。
    ・費用:EUR 64.00
    ・時間:9.5-11.5時間

    予約はこちら

  • バンベルクの町

    バンベルクの町

    1993年に世界遺産登録された、バンベルク市の旧市街。
    ドイツ屈指の古都で「バイエルンの真珠」とも呼ばれる。
    1000年以上もの間、奇跡的に無傷で残った美しい町並みがあり、町のシンボルであるバンベルク大聖堂をはじめ、11世紀以降のドイツの人々の伝統的な暮らしと景観を垣間見ることができる。

    ツアー予約
    個人ではなかなか行きにくい美しい古都ヴュルツブルクと、かつて司教都市として栄えたバンベルクの2つの世界遺産を1日で周れる。
    ・費用:EUR 174.00-
    ・時間:10時間

    予約はこちら

  • レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ

    レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ

    2006年に世界遺産登録されたレーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ。
    市街地には保護指定されている文化財の建造物が1500以上あり、そのうちのおよそ1000がユネスコの世界遺産に登録されている。
    レーゲン川とドナウ川の合流地点に位置し、中世には一大貿易地として栄えた。

  • バイロイト辺境伯歌劇場

    バイロイト辺境伯歌劇場

    2012年にUNESCOの世界遺産に登録された、バイエルン州の都市バイロイトにある、18世紀に建てられた歌劇場。
    1745年から1750年にかけて建設され、バロック様式の美しさを持ち、欧州で現存する歌劇場としては最古の歌劇場となる。

  • バーデン=ヴュルテンベルク州にある世界遺産

  • マウルブロンの修道院群

    マウルブロンの修道院群

    マウルブロン修道院は、バーデン=ヴュルテンベルク州に残る、中世の修道院である。
    1993年に世界遺産に登録され、ヨーロッパに残る中世の修道院の中でも、付属する建造物群も含め、最も良い状態で保存されている。
    マウルブロンの町外れにあるが、町とは城壁で隔離されている。

  • 僧院の島ライヒェナウ

    僧院の島ライヒェナウ

    2000年にユネスコの世界遺産に登録された、バーデン=ヴュルテンベルク州のコンスタンツ湖に浮かぶ島。
    島は人工的に建てられた道で本土とつながっており、9世紀から11世紀にかけてライヒェナウが建てた修道院が残っている。
    島はワインと野菜の生産で有名で、近隣には大きな湿地帯が広がり、渡り鳥なども多く生息する。

  • (Photo by pipimaru - pipimaru, Wolfram Esser, Patrick Huebgen, Berthold Werner, I, Omnidom 999, Rico Neitzel, Joachim Köhler, Gerhard Giebener)

    人気記事

    フィヤー・ヤーレスツァイテン・ケンピンスキーの客室
    海外旅行用クレジットカード
    マイルを貯めて飛行機に乗る
    海外旅行に必要なパスポートとお金
    wifiレンタル

    スポンサーリンク