スポンサーリンク

ミュンヘンの公園・広場人気ランキング

公園・広場

19件

Olympiapark

1

オリンピック公園

ミュンヘンオリンピックの記念公園

1972年に開催されたミュンヘンオリンピックを記念して残されたオリンピック公園。第20回目の夏季オリンピックのメインスタジアムとしてだけではなく、ワールドカップの決勝スタジアムとしても活躍した場所だ。敷地内には約7万人を収容するオリンピックスタジアムや、コンサート会場になるオリンピックホールがある。

Marienplatz

2

マリエン広場

ミュンヘンの心臓

マリエン広場に面して建つのがミュンヘン観光最大の見どころ、新市庁舎だ。新市庁舎に向かって立つと、左手にはフラウエン教会、カールス門、その先に中央駅を望む事ができる。右手に広がるのは旧市庁舎から始まるる旧市街だ。奥には王宮(レジデンツ)、オペラハウス、そして名門ミュンヘン大学が存在し、後方には市民の台所であるヴィクトアーリエン市場がある。まさしくミュンヘンの観光、政治、経済、文化の中心である事が分かるだろう。 広場にはカフェやレストランのテラス席がせり出し、ミュンヘン市民や観光客が思い思いの時を過ごしている。お土産屋さんも多く並んでいる。広場を散策していると、ミュンヘンが世界に誇るサッカークラブ、バイエルン・ミュンヘンのサポーターの歓喜の群れに出くわす事も珍しくない。夏にはビアガーデン、冬にはクリスマスマーケットが盛大に開かれる。 お昼頃に訪れるのがお勧めで、11:00と12:00(3月-10月は17:00も)に動き出す新市庁舎の仕掛け時計は見物だ。

English Garden

3

英国庭園

ミュンヘン市民が憩う英国風庭園

長さ約4キロメートル、幅約1キロメートルに及ぶ広大な英国風庭園が「英国庭園」だ。 ミュンヘン市の中央に位置し、ミュンヘン市民の憩いの場として親しまれている場所である。 広大な敷地には、ミュンヘンオリンピック開催を記念して作った日本茶室や、中国塔、円形神殿、イザール川から水を引いて作った人工湖など、様々なものが目を引く。

スポンサーリンク

Odeonsplatz

オデオン広場

願いを叶えるライオンがいる広場

オデオン広場は、王宮、テアィーナ教会、将軍堂に囲まれている。 周囲の建造物からもわかるように、バイエルンを統治したヴィッテルスバッハ家によってつくられたものだ。 19世紀初めのルートヴィヒ1世の時代に、レオ・フォン・クレンツェが設計を行った。 広場の西側にあるバイエルン州内務省庁舎はかつてオデオン劇場という劇場であったため、広場にこの名前が付けられたのだ。

Karlsplatz

カールス広場

世界最大の歩行者専用道路の入り口

ミュンヘン観光のメインストリートへの入り口がこのカールス広場である。 ミュンヘン中央駅からは地下街でつながっている。 大きな噴水が目印で、大きな半円状の建物が広場を囲むように立っている。 噴水の周りでは観光客や市民がおしゃべりをしたり、写真を取ったり、座ってランチをしたりと、思い思いの過ごし方をしている。

no-image

Freizeitpark Neubiberg

no-image

Karlsfelder See

スポンサーリンク

no-image

Botanischer Garten München-Nymphenburg

no-image

Munich Botanical Garden

no-image

Hofgarten

スポンサーリンク

スポンサーリンク