バッキンガム宮殿周辺×ミュージアム

このカテゴリーをロンドン全域で見る

バッキンガム宮殿界隈×ミュージアム

2件

Tate Britain

1

テート・ブリテン

イギリス美術を時代を追って楽しめるテート・ブリテン

テート・ブリテンでは世界的に有名な作品が多く展示されている国立美術館。中でもジョン・エヴァレット・ミレーの「オフィーリア」、ジョン・ウィリアム・ウォーターハウスの「シャーロットの女」は人気があり、多くの人が一目見に訪れている。女性の悲しみを絵描いた両作品の迫力は必見である。 また、英国代表画家といわれるウィリアム・ターナーの作品が充実しており、時代を追ってターナーコレクションを楽しむ事ができる。 イギリスの現代アートも多く展示してあり、幅広い芸術に絵画だけでなく映像やオブジェ等を通し触れ合う事ができる。 テート・ブリテンでは、無料のガイドツアー(英語)を行っており、作品の説明を聞きながら館内を回る事もできる。ガイドツアーに参加する際は事前にHP等でガイドツアー実施時間をチェックしておきたい。

Museum of Brands Packaging and Advertising

2

ブランド・パッケージ・広告博物館

日常のブランドを収集したちょっと変わった博物館

日用品のブランドをコレクションしたのが「ブランド・パッケージ・広告博物館」である。 ミルクの瓶、シリアルの箱、洗剤、チョコレートなどのスーパーで見かける日用品のパッケージが展示されている。