スポンサーリンク

ミュンヘンのお土産ショッピング人気ランキング

特集

ミュンヘン

ミュンヘンのお土産 おすすめショップや購入のコツ!

旅の醍醐味の1つとも言えるお土産。 お土産選びは楽しい半面、どこで買えば良いのか、買う時に注意するべき点、どんなものが人気なのかなど、色々と考える事もあるかと思います。 そこで、本記事ではミュンヘンへ旅行する人向けに、オススメのお土産、最適なショップや、注意すべき点、お得な情報などをまとめてみました! お土産選び際には是非参考にしてみて下さい。

ショッピング

69件

Dallmayr

1

ダルマイヤー

300年以上もの歴史を持つミュンヘンの高級デリカッセンの店

かつて、バイエルン王室の御用達だった、伝統的な高級デリカッセンの店として名を馳せるダルマイヤーの歴史は300年以上にも及ぶ。 日本でも有名な「ダルマイヤーコーヒー」や、3000種類以上ものバリエーションを誇る「ダルマイヤーティー」以外にもミュンヘンのダルマイヤーでは様々な高級食材を手に入れることができる。

Viktualienmarkt

2

ヴィクトアーリエンマルクト

ミュンヘン市民の生活感あふれる市場

マリエン広場南東にある活気あふれる市場が「ヴィクトアーリエンマルクト」だ。 市場というぐらいだから、朝早くから市場内の活動は始まる。 市場は夕方まで賑わっていて、ビアガーデンも開店する賑わいだ。 市場には季節の旬の食材からお土産品、チーズ、オリーブ、花や雑貨など、いろいろなものが広げられている。

neuhauserstrase

3

ノイハウザー通り

古く新しいミュンヘンのメインストリート

ミュンヘンのメインストリートとも呼べる、カールス門からマリエン広場へ続く道。 ノイハウザー通りは「新しい建物の通り」という意味で、途中で「買い物通り」を意味するカウフィンガー通りに名前が変わる。 両側にデパートやレストラン、土産物屋や家電量販店などが並び常に活気づいている。 また、歴史的に重要なミヒャエル教会など、観光名所も混在するユニークな通りだ。 1972年に歩行者専用道路となり、屋台や大道芸人に足を止める人も多い。

スポンサーリンク

Maximilianstraße

マクシミリアン通り

ミュンヘンの高級ブランド通り

バイエルン州立歌劇場の横からイザール川を渡り、州議会まで続くマクシミリアン通り。 マクシミリアン2世の命により、1853年から建設が始められた。 彼の父親であるルートヴィヒ1世がつくったルートヴィヒ通りは将軍堂から凱旋門に伸びており、この通りに負けないような通りをつくるように命じたと言われる。

GALERIA Kaufhof

ギャラリアカウフホーフ

ミュンヘンでの生活には欠かせないショッピングセンター

ミュンヘン、ベルリンなどドイツで有名なショッピングセンターが、「ギャラリアカウフホーフ」である。 ミュンヘンにも幾つか店舗があるが、マリエンプラッツ店は世界の料理とワインの品ぞろえで人気があるショップだ。 2000以上もあるワインの試飲ができる。

Bier- und Oktoberfestmuseum

ビールとオクトーバーフェスト博物館

ビールとビールの祭典についての博物館

世界最大のビール祭り、オクトーバーフェスト。 毎年約600万人が来場し、ミュンヘンが1年で最も盛り上がる16日間である。 オクトーバーフェストには約200年の歴史があり、その歴史や雰囲気を学べるのがこの博物館だ。 ビール博物館ではビール醸造について学び、ミュンヘンのビールのテイスティングも楽しめる。 バイエルンの昔ながらのビアホールをイメージしたパブも併設されている。

ジャガイモ博物館

珍しいジャガイモに関する博物館

ミュンヘン東駅(Ostbahnhof)からすぐ近く、ひっそりと佇んでいるのはジャガイモ博物館だ。 南ドイツの郷土料理であるクヌーデルというジャガイモ団子や、マッシュポテトなどのジャガイモ加工メーカーとして知られるプファンニ社のオットー・エッカート氏が1996年につくった博物館。

スポンサーリンク

no-image

Der Weinphilosoph

no-image

Compra Edv

no-image

7SPICES

スポンサーリンク

スポンサーリンク