スポンサーリンク

アリアンツ・アレーナの見所、料金、営業時間、アクセス・行き方等の観光情報

アリアンツ・アレーナ
Allianz Arena

2017/01/06 更新

Allianz Arena
Allianz Arena
Allianz Arena
Allianz Arena

スポンサーリンク

スポンサーリンク

概要

特徴

アリアンツ・アレーナの外観

約7万人を収容するサッカー専用スタジアム、アリアンツ・アレーナ。ドイツ最強のサッカークラブと言っても過言ではないFCバイエルン・ミュンヘンの本拠地であり、国内最大スポーツクラブTSV1860ミュンヘンのサッカー部門のホームでもある。数々の名勝負が行われた、サッカー・ボールの聖地だ。2006年にはワールドカップのドイツ大会の試合会場となっている。

繭のような外観は試合のたびに色や模様が変わり、FCバイエルンの試合では赤、1860ミュンヘンの試合では青、ドイツの代表戦では白等、ゲームごとにファンの目を楽しませている。

FCバイエルンの試合日には、このスタジアムを起点に市内がお祭り騒ぎになる。チケットは飛ぶように売れ、ブンデスリーガ全試合は漏れなく完売している。世界で活躍するクラブチームの活躍は、ミュンヘン市民の楽しみでもあり、誇りでもあるのだ。

歴史

2005年に約370億円を投じて建設された。設計はテート・モダンや北京国家体育場を手掛けたスイスの建築家ユニットのヘルツォーク&ド・ムーロン。スタジアムを包む特殊なフィルムは、日本の旭硝子社製で、半透明になっているのでスタジアム内から外の景色が見えるようになっている。なお、スタジアム名の「アリアンツ」はドイツ最大の保険会社の名前から取っている。

チェック

①アリーナツアー(スタジアムツアー)

アリアンツ・アレーナ内の選手ロッカー

普段見る事のできないスタジアムの内側に潜入!

サッカー好きの人なら一度はアリアンツ・アレーナで試合を観戦したいと思うだろう。バイエルン・ミュンヘンの選手はドイツ代表に選ばれている選手も多く、サッカーに詳しくなくても名前を聞いたことがある選手がいるはずだ。

試合がない日にはアリーナツアーが行われている。普段は見ることのできない、選手がスタジアムに入る通路やロッカールームも見学でき、VIPツアーではコーチ席やVIPシートに実際に座ることができる。ツアーは英語とドイツ語に分かれている。

スポンサーリンク

②観戦

アレアンツ・アレーナでの試合風景

チケットは日本で予約しておく事がお勧め

アリアンツ・アレーナは非常に稼働率の高いスタジアムであり、試合当日に窓口でチケットを求めるのは非常にリスクが高い。会場周辺にはチケットを余らせたファンやダフ屋がチケットを販売しているが、中には非常に高額な値段で売りつけてくる場合も。あらかじめ予約してから向かおう。

チケットブースはスタジアムの東と西にそれぞれあり、試合当日はここで予約チケットを受け取る事ができる(既にチケットを持っている場合はそのまま入場しよう)。

③ショップ

アレアンツ・アレーナ内のファンショップ

公式グッズを手に入れよう

スタジアム内にはFCバイエルン、1860ミュンヘン、そしてアリアンツ・アレーナのオリジナルグッズを販売している公式ショップがそれぞれ営業している。観戦時に使えるTシャツやタオルを始め、マグカップや筆記用具等のアイテムも揃う。また、各団体の歩みを解説したミュージアムもオープンしており、サッカー好きにはたまらない場所となっている。

アリアンツ・アレーナの危険対策


(Photo by Sönke BiehlGary DenhamDavide Ceccarelli)

人気記事

海外旅行に必要なパスポートとお金
海外での防犯対策グッズ
マイルを貯めて飛行機に乗る
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク