スポンサーリンク

フランクフルト中心部×建築物

このカテゴリーをフランクフルト全域で見る

フランクフルト中心部×建築物

7件

Europaische Zentralbank

1

欧州中央銀行

ユーロ圏を支える銀行

ユーロ圏の中でも重要な役割を果たしているのが、大きなユーロマークが特徴的な「欧州中央銀行」である。ユーロ圏の17か国に大きな影響を与えている、世界で最も有名な金融機関のひとつ。「ユーロマーク」と併せてフランクフルトの新たな観光スポットとなっている。2014年に新本店ビルが完成し、ユーロタワーから移転した。

Main Tower

2

マインタワー

地上200メートルの展望デッキ

フランクフルトの街並みを一望できる超高層ビル、「マインタワー」。 1999年に完成したマインタワーは、フランクフルト・アム・マインの中心に位置し、シンボル的なスポットとなっている。 送信アンテナを設置し、ラジオ局やテレビ局も展開しており、187メートルと198メートルの位置にある2つの展望台が設置されている。

Romer

3

レーマー

旧市街のシンボル

フランクフルト中心部、レーマー広場にある、ゴシック様式の旧市庁舎が「レーマー」である。切妻屋根の美しい外見をしている。 レーマーは15世紀頃に、隣り合わせの3つの建物が買われて改装してできたのが始まり。 3つのうち中央の建物が、レーマーだ。

スポンサーリンク

Alte Nikolaikirche

ニコライ教会

美しい鐘の音色で有名な教会

皇帝の礼拝堂だった歴史もある「ニコライ教会」。 始まりは12世紀頃とも言われていて、フランクフルトで現存する建物の中でも貴重なものだ。

Katharinen kirche

カタリーナ教会

ドイツの人気作家ゲーテのゆかりの地

ランクフルトの中で最も大きいプロテスタント教会が、「カタリーナ教会」である。 ゴシック様式と、バロック様式が混ざり合った歴史的建造物で、教会内部の木でできたアーチや、ステンドガラスなどは当時の雰囲気を醸し出している。

Eschenheimer Turm

エッシェンハイマー塔

中世の面影残す歴史的建造物

15世紀初めに建造された、「エッシェンハイマー塔」。 中世フランクフルトの、城壁の一部の見張り塔だった歴史的建造物だ。 エッシェンハイマー塔は、現在、人気のあるバー&レストランとして営業している。

Dom von Frankfurt

フランクフルトの大聖堂

フランクフルトの象徴的存在

フランクフルト旧市街に一際目立つ高くそびえ塔建物が「フランクフルトの大聖堂」である。 皇帝の選挙や戴冠式が行なわれていたことから、通称「カイザードーム」と呼ばれる。 正式にはバルトロメウス大聖堂という名称の教会だ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク