スポンサーリンク

フランクフルトのアクセス・交通情報

特集

マイルを貯めて飛行機に乗る

クレジットカードでマイルを貯めてタダで海外に!

頻繁に飛行機を利用しないからといってマイルを貯めてこなかった人は、大きな損をしているかもしれない。アメリカやヨーロッパへの往復フライトで得られるマイルだけで、東京大阪間の航空券や韓国や台湾といった近隣国の航空券に無料で交換することができる。また、公共料金の支払いをクレジットカード経由にしたり、日々発生する費用をクレジットカードで支払ったりすることでもマイルを獲得することができ、タダで世界中を旅行することも可能だ。この記事ではHowTravelのお勧めマイレージカード情報をご紹介する。

飛行機で安眠できる最強睡眠グッズを旅のプロが厳選

「到着した日は疲れて眠たいのは当たり前」、「飛行機の中では2-3時間寝られれば良い方」というような、機内で安眠できない旅行者のために、一年の内かなりの日数を飛行機内で過ごすHowTravel編集部が、最強睡眠グッズをご紹介する。せっかくお金を出して、限られた休暇の中で旅行に行くのだから初日から最終日まで目一杯旅行を満喫しよう。

HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スーツケース お勧め人気ブランドランキング

スーツケースの人気ブランドのランキング!数あるスーツケースのブランドから、特にオススメ出来るブランドを厳選してランキング形式で紹介する。

アクセス・交通

7件

Flughafen Frankfurt am Main

1

フランクフルト空港と市内へのアクセス

フランクフルト空港は、フランクフルト・アム・マイン(Frankfurt am Main)の中心から南西におよそ12キロメートルのところに位置するドイツ最大の空港だ。2015年の総旅客数は6000万人を超え、ヨーロッパ全体で見てもロンドンのヒースロー空港やパリのシャルル・ド・ゴール空港に次いで3番目、世界で12番目の旅客数を誇る。ルフトハンザ航空とそのグループのハブ空港。日本においても、羽田空港、成田空港、関西国際空港、中部国際空港からの直行便が運航されている。 2つのターミナルがあり、ターミナル1は主にルフトハンザ航空とそのグループ、スターアライアンス加盟の航空会社が利用。ターミナル2は主にワンワールド加盟の航空会社が利用している。

frankfurt_taxi

2

フランクフルトのタクシー

フランクフルトのタクシーはおおむね安心して利用でき、拾いやすくて便利であるとの評判であるが、割と高くつくことを念頭に入れておきたい。 タクシーにはドイツ語と英語の両方で料金表を掲出されていないといけないことになっている。 ドイツ・フランクフルトのタクシー料金はメーター制である。

metro

3

フランクフルトの地下鉄(Uバーン)

フランクフルトの地下鉄は、フランクフルト市交通公社(VGF)が運営しており、現在3路線9系統の地下鉄が走行している。 地下鉄はフランクフルト市内を運行しており、Uバーンと呼ばれている。 近郊列車であるSバーンと乗車券は共通のため、有効区間・有効期限内であれば乗換えが可能である。 乗り越しはできないため、必要に応じて乗車券を購入しなければならない。

スポンサーリンク

s-bahn

フランクフルトのSバーン

フランクフルト市内は、Sバーンと呼ばれる近郊電車の路線が網羅しており、都心から近郊方面を結んでいる。 Sバーンは、ドイツ鉄道(DB)が運営しており、Uバーン(メトロ)が地下を走るのに対し、Sバーンは地上を走行している。

tramway

フランクフルトのトラム

フランクフルトのトラムは、市内の至る所を走行しており、地元の人々や観光客に欠かせない交通手段のひとつである。 トラムは、フランクフルト市内の観光地周辺を中心に走っており、とても便利である。 また、トラムは運行本数も多く、郊外では約10分間隔で運行している。

bus

フランクフルトのバス

フランクフルトのバスは、市内を中心に運行しており、地元の人々観光客の移動手段として利用されている。 バスは、運行本数も多く頻繁にくるため便利である。 平日は約15分間隔で運行しており、日曜は約30分間隔で走っている。

gerrmany-railway

ドイツの鉄道

ドイツ国内は鉄道の路線が充実していて大変便利。運営は主にドイツ鉄道(DB)が担っている。 乗車券には、観光に便利な鉄道パスがある。ドイツ国内のみで使用可能なパスから、ヨーロッパ各国で利用できるユーレイルパスなど種類は様々である。滞在期間や訪れる国に合わせて購入すると良いだろう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク