スポンサーリンク

森鴎外記念館の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

森鴎外記念館
Mori Ôgai Gedenkstätte

2017/05/15 更新

Mori-Ogai-Gedenkstatte

概要

ドイツで触れる日本文学

Mori-Ogai-Gedenkstatte

ベルリン中央駅からフリードリッヒ通り駅へ抜ける電車の車窓から見える「鴎外」の文字。
知らずに見た日本人ははからずも驚くことだろう。
著書「舞姫」の舞台になったこの土地は、森鴎外が滞在していたことでも知られる。
ベッド、机、洗面道具やタンスなど当時の部屋を再現した記念館の館長は日本人の女性。
非常に丁寧な対応をしてくれる

彼の作品は日本とドイツの文化を理解するための非常に重要な役割を果たした。
彼が残した文化的成果を読むのはもちろん、書道、写真展、講義などでこの場所で触れることができる。

医師、科学者、作家、翻訳者と様々な役割を持っていた彼の背後に何があったのかは、ドイツに滞在するタイミングでこういう場に身を置いてこそ感じられるのかもしれない。

ベルリンの危険対策


(Photo by Tischbeinahe)

人気記事

海外での防犯対策グッズ
海外旅行に必要なパスポートとお金
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク