スポンサーリンク

バウハウス展示館の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

バウハウス展示館
Bauhaus Archiv Museum

2017/05/05 更新

Bauhaus Archiv Museum

概要

合理主義・機能主義デザインの発信源、バウハウスを知る

Bauhaus Archiv Museum

第一次世界大戦後にドイツ革命が起こり、成立したのがヴァイマル共和国。
そしてこの時に工芸学校と美術学校が合併してできたのが国立バウハウス・ヴァイマルだ。

初代校長は建築家のヴァルター・グロピウス。
バウハウスの歴史は設立以降様々な社会の情勢に翻弄され、1919年から1933年までわずか14年の歴史しかない。
しかし、当時ヨーロッパ随一の先進的工業国のドイツ、その首都ベルリンは人口が急増していたため、集合住宅の増設は急務だった。
そこに対して大きな影響を持ったのが、合理主義と機能主義を中心としたバウハウスだ。

写真撮影はできないが、音声ガイドがあるので日本語で内容を理解することも可能。
展示数こそ少ないものの、デザインに関わる人ならぜひ訪れて欲しいスポットだ。

ベルリンの危険対策


(Photo by alex roberts Tokuyama)

人気記事

海外での防犯対策グッズ
海外旅行に必要なパスポートとお金
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク