スポンサーリンク

ラディアル・システムVの観光情報(料金・行き方・営業時間)

ラディアル・システムV
RadialsystemV

2017/05/05 更新

RadialsystemV

概要

予期せぬフュージョンが生まれる場所、ラディアルシステムV

2006年にアートや文化のオープンな交流を促す装置としてつくられた複合施設。
元々は1999年まで下水処理施設として稼働していた建物だった。
2004年にラディアルシステムV社の建築家ゲルハルト・シュパンゲンベルクが改修案を提示。戦争の間に破壊された施設は新たに三階建のポーチとして。
隣に住んでいた元職員の家はゲストハウスへと作り変えられた。

対話の精神に重きが置かれ、相反するコンセプトの組み合わせが建築物や開催されるイベントにも見て取れる。
新旧の要素の融合、ガラスとレンガの調和。文化と経済のインタラクション、クラシックなダンスと新しいメディアアートのコラボレーション。

堅いアートのイベントだけでなく親子で遊べるイベントも多数開催している。
時間が許せば、イベントの情報を確認し、普段は触れることのない組み合わせのものを楽しんでみてはどうだろうか。

ベルリンの危険対策


(Photo by Thomas Vogt)

人気記事

海外での防犯対策グッズ
海外旅行に必要なパスポートとお金
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク