スポンサーリンク

コーミッシェ・オーパーの見所、料金、営業時間、アクセス・行き方等の観光情報

コーミッシェ・オーパー
Komische Oper

2016/08/04 更新

Komische Oper

概要

気軽にオペラを楽しむなら英語字幕のつくオペラハウス

Komische Oper

コーミッシェ・オーパーは伝統あるフランスの「オペラ・コミック」のドイツ語訳。

戦後、新しい時代のオペラの殿堂として建設されたこのオペラハウス。
外観は比較的質素だが、中は豪華。オペラだけでなくオペレッタやコンサートも行っている。
ドイツ語上演にこだわっているが、座席には字幕装置が備え付けられており、英語しかわからないという観客でもドイツ語の響きを楽しみながら内容にもついていくことができる。

大規模劇場のベルリン・ドイツ・オペラと比べると劇場の大きさとしては中規模ながら、様々な工夫の光る施設で、一般公開の稽古もあるなど楽しみ方の幅がある。
また、公演内容についてのガイドも実施されているので、短い時間で理解を深めたい旅行者には嬉しい。

スポンサーリンク

)

あなたにおすすめ

)

関連スポット