スポンサーリンク

特集

strasbourg food

ストラスブールの名物料理10選!お勧めグルメ旅

ドイツとの国境に近いフランス・アルザス地域圏の首府、ストラスブールは世界遺産に登録されている美しい街で、フランス有数の観光都市である。また、ストラスブールは何度も国が入れ替わったという数奇な歴史を持っているため、料理が独自の発展を遂げ、首都パリとは異なるアルザス地方特有の料理を味わうことができる。 さらに、アルザス地方はワイン街道としても有名で、その名のとおりワインの名産地の一つである。ストラスブールをはじめとするアルザス地方の街でしか味わえない料理を名産物であるワインと一緒に味わいたい。

ストラスブール市街×グルメ

13件

La Cloche a Fromage

1

ラ クロッシュ ア フロマージュ

チーズ好きの天国

フレンチチーズを思う存分食べたいときにおすすめなのがこの店だ。 80種類ものこだわりのチーズが並び、迷ったときにはウェイターが丁寧に説明してくれる。ワインとともに楽しみたい。

Cinnamon

2

シナモン

予約でいっぱいのインド料理

どの国のどの街に行ってもインド料理店を見かけるが、シナモンはストラスブールで最初のインド料理店であり、一番の人気店だ。 食事時になると必ず待機列ができていることが、その味の良さを証明している。

Chez Tante Liesel

3

シェ トント リゼル

アルザス料理に舌鼓を打つ

ドイツとスイスの国境に近いアルザス地方はドイツ料理に影響を受けた独特の食文化を持ち、州都のストラスブールでは多くのアルザス料理レストランが軒を連ねている。 山沿いなので肉料理が中心となり、このレストランでもガチョウやアヒルなどのメニューが提供されている。

スポンサーリンク

Fior Di Pizza

フィオル ディ ピッツァ

2014年12月オープンの話題のピッツェリア

イタリア人シェフが経営するこのピッツェリアは、2014年末にオープンしたばかりにもかかわらず連日多くの客で賑わっている。 ナポリ風の分厚い生地が特徴で、その柔らかさと軽さを出すために生地の熟成に48時間もかけているという。

ル ラフュ

ボートの上のカフェレストラン

ストラスブールのフィッシャーマンズワーフにあるレストラン・カフェ・バー・クラブを兼ね備えた施設。 青いボートが川に浮かんでおり、デッキのテーブルで食事したり、コーヒーを飲んだりとお客さんはまるで船でクルージングしている気分。

Doo

ドゥー

ヘルシーな春巻き専門店

ドゥーは地元民もよく足を運ぶ春巻き専門のカフェレストランだ。 生春巻きのような冷たいものから、焼き・揚げ春巻きまで種類豊富。シンプルな春巻きながら、新鮮な食材とよく考えられたレシピで、とても美味しいと評判だ。

Pierre Bois et Feu

ピエレ ボイ フ

名物のアイロンステーキは必見

ストラスブール大聖堂からほど近くに位置するこの店は、小さいながらも雰囲気の良いレストランとして知られている。 気鋭のシェフが腕をふるうフレンチは評判が高く、リピート客が多い。 後述のステーキ以外にも、ビーフタルタルのフォアグラ添えや鴨肉のグリルなど、定番のフランス料理も提供されている。

スポンサーリンク

Au Crocodile

クロコダイル

かつてミシュラン三ツ星だった正統フランス料理の名店

アルザスの名物のフォアグラをいろいろなスタイルで堪能できる。内装は落ち着いた雰囲気。ディナー時はカジュアルすぎない格好で。

ヴィンス・スタブ

ドラピエ通りの先にあるフランス郷土料理のレストラン

観光地の近くのために観光客は多い。こじんまりとしていてリラックスできる店内。しかし、席数がすくないため予約は必須。

La Petite Mairie

ラ・ペティット・メイリー

地元の雰囲気を味わえる味に評判のお店

観光地からは少し離れるため、観光客は少なく、地元の人々が集う。スタッフは英語が話せる。

スポンサーリンク

スポンサーリンク