スポンサーリンク

ストラスブールの旅の準備情報

特集

海外旅行に必要なパスポートとお金

【本当に必要?】海外旅行保険選びのポイントをご紹介

「海外旅行保険はお金がかかるけど、とりあえず不安だから入っておこう」という人のために、保険会社が教えてくれない保険選びのポイントを徹底解説する。無駄を省いて旅先のホテルや食事をワンランクアップさせよう。

海外旅行の持ち物チェックリスト 準備・用意の方法も解説

旅のプロであるHowTravel編集部が、海外旅行の必携持ち物を厳選してご紹介する。準備し忘れがないかをチェックしよう。必要に応じて、持ち物リストにメモを残して印刷できる機能も搭載している。各持ち物の重要度は星の数で3段階に分類されており、星3つの持ち物は「現地調達が難しく、忘れてしまうと旅行に支障をきたすもの」、星2つの持ち物は「利用頻度が高く、持っていくと旅行を一層楽しめるもの」、星1つの持ち物は「念のために持っておくと便利なもの」を表している。自分の旅行スタイルに合わせてしっかり用意しよう。

Str-plan

ストラスブール旅行5泊7日の予算とモデルプラン

ここでは5泊7日のストラスブール旅行の予算の目安を、費用重視の「最低予算」と、時間や利便性重視の「平均的予算」の2タイプに分けてご紹介。同じ5泊7日でも、GWや年末年始など混み合う時期かオフシーズンかで、飛行機代やホテル代が大きく変わってくる。 滞在期間がイースター休暇やクリスマスなどフランスの祝祭日に重なる場合は、ショップやレストラン、観光地の休業情報や、交通機関の運行状況も確認しておこう。もちろん、訪れる時期ならではのイベントや期間限定スポットなどのチェックも忘れずに。

海外での防犯対策グッズ

海外旅行中のあらゆる盗難を防止する究極の防犯グッズ特集

安全な日本とは違い、海外では盗難や強盗のリスクが付きまとう。事件に巻き込まれてしまっては、せっかくの楽しい旅行が台無しになってしまう。用心しすぎるくらいが丁度良いだろう。そこで、日々数々の国を旅するHowTravel編集部が、究極の防犯グッズをご紹介する。

クレジットカードで買い物

海外旅行保険は年会費無料の保険付帯付きクレジットカードを!

2015年のフランスパリで起きたテロ以降、世界各地でテロや難民による治安悪化が進んでいる。海外旅行に行く際にも、いままでより一層、治安への意識を高める必要があるだろう。犯罪に巻き込まれないための対策をすることはもちろん、賢く海外旅行保険を利用し、有事の際に活用できるようにしておきたい。海外旅行保険は、戦争や紛争地域に行かなければ、テロによる被害にも補償が下りるので大いに活用して安心安全な海外旅行を楽しみたい。

クレジットカードでマイルを貯めてタダで海外に!

頻繁に飛行機を利用しないからといってマイルを貯めてこなかった人は、大きな損をしているかもしれない。アメリカやヨーロッパへの往復フライトで得られるマイルだけで、東京大阪間の航空券や韓国や台湾といった近隣国の航空券に無料で交換することができる。また、公共料金の支払いをクレジットカード経由にしたり、日々発生する費用をクレジットカードで支払ったりすることでもマイルを獲得することができ、タダで世界中を旅行することも可能だ。この記事ではHowTravelのお勧めマイレージカード情報をご紹介する。

creditcard

海外旅行におすすめのクレジットカード特集

海外旅行に行く際、必ず持っていきたいものとしてクレジットカードがあげられる。クレジットカードがあるだけで、旅先でのショッピングや食事がより快適に、お得に楽しむことができる。また、海外旅行保険がついているクレジットカードもあるので、いちいち掛け捨ての高価な海外旅行保険にかかる必要がなくなるという強みもある。さらに、「マイル」を貯めることで、飛行機代が無料になることだってあるのだ。様々なメリットがあるクレジットカードの中から、特に、海外旅行に持っていくと便利でお得なカードを厳選して紹介する。パスポートとクレカがあればその他をすべて忘れたとしてもなんとかなることが多いだろう。

スーツケース売り場

海外旅行用スーツケースの選び方

海外旅行に行く際に持っていくスーツケースの正しい選び方を知っているだろうか? スーツケースは海外旅行と密接に結びつくもの。大切な荷物を入れて、一緒に旅を重ねるパートナーだ。一概にスーツケースと言っても色々な種類があって、利用するシーンによって適している素材やメーカー、大きさなどが異なる。正しい知識をつけて、自分にとって最適なスーツケースと出会って頂けたら嬉しい。

旅の準備

5件

climate_strasbourg

1

ストラスブールの気候と時差

ストラスブールは、気温の寒暖差が大きい。 朝晩はどの季節でも冷え込むので、防寒着を持って行くとよいだろう。 冬には天気が崩れることが多く、太陽が見えない日が続いたりする。

strasbourg currency

2

フランスの通貨・両替・免税

フランスの通貨は欧州統一通貨であるユーロ(€)で、補助単位はセント(¢)。€1=100¢である。 紙幣は「€500」、「€200」、「€100」、「€50」、「€20」、「€10」、「€5」の7種類で、コインは「€2」、「€1」、「50¢」、「20¢」、「10¢」、「5¢」、「2¢」、1¢」の8種類。コインは各国によってデザインが異なるが、どの国でも利用することが可能だ。

Voltage

3

フランスの電圧・電源プラグ・度量衡

フランスの電圧は220Vで周波数は50Hzとなっており、日本の100Vの電化製品をそのまま使うと故障や事故の原因になる。ただし最近のノートパソコンやスマートフォン(iphone等)、カメラのプラグや充電器には「電圧100V-240V」、「50Hz-60Hz」等と記載されているものもあるので、必ずしも変圧器が必要とは限らない。普段使用している電化製品が240Vの電圧に対応しているのかどうか、事前に仕様をチェックしておこう。 また、電源プラグの形状も日本とは異なっており、先が丸くなっているCタイプかSEタイプのどちらかの変換プラグが必要だ。変換プラグを忘れないようにしよう。

スポンサーリンク

passport

4

フランスのビザとパスポート

観光でフランスを訪れる日本人は滞在期間が3ヶ月以内であればビザは不要。 フランスを含むシェンゲン協定国では、観光目的での入国に限り、滞在日数に加えて3ヶ月以上の有効残存期間が必要であるため注意。

phone

フランスの電話・郵便

フランス国内間の通話は10桁の電話番号をそのままダイヤルする。 フランスから日本にかける場合は以下の通り。 00+81+市外局番から0を除いた数字+相手先電話番号 例)03-XXXX-YYYYにかける場合 00813XXXXYYYY

スポンサーリンク

スポンサーリンク