エッフェル塔界隈 (7区)×観光

7区エッフェル塔界隈での観光の中心は言わずと知れたエッフェル塔だ。最寄り駅で降りて、近くまでよりたい。エッフェル塔を楽しんだ後も、このエリアでの観光は終わるべきではない。素晴らしいミュージアムや、ナポレオンの眠る建築物があったりと、見どころは豊富。エッフェル塔を中心にまとめて観光するように旅程を建てると良い。また、16区パッシーエリアのシャイヨー宮も近いので一度に回ることが出来る。

このカテゴリーをパリ全域で見る

特集

interior of Palais Garnier in paris

【ロマンチック】 パリの美しすぎるスポット10選

パリに行ったら絶対に行きたい、美しくてロマンチックなスポットをランキング形式でご紹介。 有名なスポットからちょっとマイナーなスポットまで紹介しています。 HowTravel厳選のおすすめパリ観光スポットです!

エッフェル塔と夕暮れのパリ

パリ市内の世界遺産を効率よく旅する方法

パリには実に多くの世界遺産が存在する。 セーヌ川河岸一帯が世界遺産に登録されていたりと、複数の世界遺産が狭い範囲にまとまっているため、効率的に観光したい。 HowTravelがお勧めするのは、以下のブロックに分けてそれぞれ一気見する方法だ。 美術館など時間がかかるスポットは日程をずらして訪れるのも一つの手だろう。

エッフェル塔の足元からの眺め

【フランス】パリのお勧め定番観光スポット10選

初めてパリに訪れるなら、まずはこの定番スポットをチェック♪ 絶対行くべき定番スポットを厳選しました。

kichisesan-paris

吉瀬美智子さんがパリ旅行で訪れたスポット【フランス】

今大注目の女優、吉瀬美智子さんが旦那様といった海外旅行で訪れたスポットを紹介します。 パリだけではなく、ローマやカプリ島まで旅行をなさっていて、移動の多い旅になっています。

nishinokana

西野カナが訪れたパリ観光スポット【フランス】

西野カナさんのパリ旅行をご紹介。色々なスポットを回っていて、とても楽しそうな旅です。 彼女の歌詞が同年代の女性から圧倒的な支持を受けているのは、この旅のような豊かな経験を積んでいるからかもしれませんね。 彼女の訪れたパリ観光スポットを参考にして、あなたもパリを満喫してみてはいかがでしょうか。

藤本美貴、庄司夫妻がパリ観光で訪れたスポット【海外旅行】【芸能人】

芸能界でも仲の良い夫婦として有名な、ミキティーこと藤本美貴さんと、旦那さんの庄司さん。お二人でパリに旅行に行った際に訪れたスポットを紹介します。 二人の訪れた場所を参考にして、パリ観光をしてみてはいかがでしょうか。

エッフェル塔界隈 (7区)×観光

4件

エッフェル塔と噴水

1

エッフェル塔

世界中の人々に愛されるパリのシンボル

“パリ”と聞いて真っ先にエッフェル塔を思い浮かべる人は多いのではないだろうか。1889年5月6日のオープンから実に120年以上の歴史を誇る、まさにパリのシンボルとも言える鉄塔である。これまでに2億人以上が訪れており、年間に訪れる観光客は約700万人にも及ぶ。その内約75%以上を占めるのが外国人で、日本のスカイツリーの約7%とは対照的だ。 産業革命によって鉄の加工技術が飛躍的に上昇した時代に、その象徴かつ傑作として建造されたエッフェル塔。機能性と美しさを兼ね備えたその繊細な構造から「鉄の刺繍」や「鉄の貴婦人」の異名を持ち、世界中の人々に親しまれている。

Courtyard of L'hôtel des Invalides in paris

2

アンヴァリッド

ナポレオンが眠る廃兵院

このアンヴァリッドは元々1671年にルイ14世が負傷兵の収容施設として建設を命じたことに端を発する。 最盛期は5000人もの傷痍軍人を収容していたが、現在は100人程度が暮らしている。 アンヴァリッドは軍事関係の行政機関と、軍事博物館、そして 礼拝堂から構成される。 何よりも有名なのは黄金に輝くドーム型教会の地下に安置されているナポレオンの墓所だ

Auguste Rodin The Thinker paris

3

ロダン美術館

パリにある彫刻の館

巨匠ロダンの作品を堪能できる、ロダン美術館。 ロココ建築の豪華な邸宅とイギリス式の庭園は、1732年に完成した歴史あるもの。また、ロダンが愛人カミーユ・クローデルと共に実際に住んでいた館である。 館内には、カミーユ・クローデルの作品が集められた一室がある。

スポンサーリンク

Musée du quai Branly

4

ケ・ブランリー美術館

世界各国の芸術を集めた新しい芸術スポット

ケ・ブランリー美術館は、2006年6月にオープンした新しい美術館。 この美術館の設立背景が興味深く、アフリカや東洋の文化を「西洋文化に追従するもの、もしくはインスピレーションを与えてくれるもの」としてのみ捉えるという西洋文化至上主義を見直したい、というコンセプトで設立された。

スポンサーリンク

スポンサーリンク