スポンサーリンク

シャンゼリゼ大通り (8区)×観光

シャンゼリゼ大通りの観光の中心は何と言っても、世界一有名なエトワール凱旋門だ。背の高さはエッフェル塔に及ばないが、圧倒的な量感に圧倒される。また、ミュージアムや美しい広場もあって、訪れる人を飽きさせない。シャンゼリゼ大通りは規模が大きいので、メトロを上手く活用して観光スポットを巡ろう。

このカテゴリーをパリ全域で見る

特集

interior of Palais Garnier in paris

【ロマンチック】 パリの美しすぎるスポット10選

パリに行ったら絶対に行きたい、美しくてロマンチックなスポットをランキング形式でご紹介。 有名なスポットからちょっとマイナーなスポットまで紹介しています。 HowTravel厳選のおすすめパリ観光スポットです!

エッフェル塔と夕暮れのパリ

パリ市内の世界遺産を効率よく旅する方法

パリには実に多くの世界遺産が存在する。 セーヌ川河岸一帯が世界遺産に登録されていたりと、複数の世界遺産が狭い範囲にまとまっているため、効率的に観光したい。 HowTravelがお勧めするのは、以下のブロックに分けてそれぞれ一気見する方法だ。 美術館など時間がかかるスポットは日程をずらして訪れるのも一つの手だろう。

エッフェル塔の足元からの眺め

【フランス】パリのお勧め定番観光スポット10選

初めてパリに訪れるなら、まずはこの定番スポットをチェック♪ 絶対行くべき定番スポットを厳選しました。

kichisesan-paris

吉瀬美智子さんがパリ旅行で訪れたスポット【フランス】

今大注目の女優、吉瀬美智子さんが旦那様といった海外旅行で訪れたスポットを紹介します。 パリだけではなく、ローマやカプリ島まで旅行をなさっていて、移動の多い旅になっています。

nishinokana

西野カナが訪れたパリ観光スポット【フランス】

西野カナさんのパリ旅行をご紹介。色々なスポットを回っていて、とても楽しそうな旅です。 彼女の歌詞が同年代の女性から圧倒的な支持を受けているのは、この旅のような豊かな経験を積んでいるからかもしれませんね。 彼女の訪れたパリ観光スポットを参考にして、あなたもパリを満喫してみてはいかがでしょうか。

藤本美貴、庄司夫妻がパリ観光で訪れたスポット【海外旅行】【芸能人】

芸能界でも仲の良い夫婦として有名な、ミキティーこと藤本美貴さんと、旦那さんの庄司さん。お二人でパリに旅行に行った際に訪れたスポットを紹介します。 二人の訪れた場所を参考にして、パリ観光をしてみてはいかがでしょうか。

シャンゼリゼ大通り (8区)×観光

9件

Arc de Triomphe in paris

1

凱旋門

フランスの戦いの歴史を物語る栄光の門

凱旋門と聞けば、パリのシャンゼリゼ通りの西端にあるこの門を思い浮かべる人がほとんどだろう。しかし実のところ凱旋門と呼ばれる門はヨーロッパ全土にあり、その起源は古代ローマ時代にまで遡る。凱旋門とは戦いに勝利したことを記念して建設される門の総称なのだ。そのなかでも一際有名なこのパリの凱旋門、正式名称は「エトワールの凱旋門」という。 古代ローマのティトゥス帝の凱旋門を参考に造られており、高さは約50メートル。屋上展望台からはパリの市街が見渡せる。有名な歌や映画にもしばしば登場する、あまりにも有名なパリの象徴だ。

Place-de-la-Concorde in paris

2

コンコルド広場

パリの中心、コンコルド広場

コンコルド広場は、ルーブル美術館、凱旋門、シャンゼリゼ大通り、チュイルリー公園、ブルボン宮が周囲に見渡せ、立地・歴史的にパリの中心だ。 広場の中心に建てられたモニュメントは、エジプトから贈与されたオベリスクである。 パリの世界への栄華を示す素晴らしいモニュメントだ。 夜景の美しさはパリ一と言われているほど美しい。

musee-jacquemart-andre

3

ジャックマール・アンドレ美術館

ブルジョワの贅沢な邸宅で味わう至高の名作達

ジャックマール・アンドレ美術館は、その名の通り銀行家だったジャックマールと、その妻で画家のアンドレが収集した美術品を、彼らの実際に住んでいた邸宅で展示している。

スポンサーリンク

Eglise du la Madeleine in paris

4

マドレーヌ教会

パリの中心地に突如現れるギリシャ神殿風建築

シャンゼリゼ通りやコンコルド広場から北へ約300メートル、パレ・ガルニエからもすぐの距離にある、まるでギリシャ神殿のような建物がマドレーヌ教会だ。 マドレーヌとはフランス語で「マグラダのマリア」を意味しており、聖女マリアに捧げられた教会である。

exterior of Jeu de Paume in paris

ジュ・ド・ポーム国立美術館

生まれ変わった現代写真アートの聖地

詳しい方はご存知かもしれないがジュ・ド・ポームと言えば、印象派の絵画を多く集め、印象派美術館としての名声を博していた美術館だ。 しかし、オルセー美術館が完成すると、ジュ・ド・ポーム国立美術館が所蔵していた印象派絵画が1986年にオルセー美術館に移動となり、ジュ・ド・ポームは企画展が多く催される美術館となったのだ。

Petit Palais

プティ・パレ

1900年に出来た自然光の美術館

プティ・パレは、グラン・パレ同様、1900年のパリ万博に合わせて作られた美術館だ。 当時の最大の特徴は、自然光で作品を鑑賞出来ることだった。 大きな窓に加え、中庭を設置することで、外からも中からも上手く光を取り込んでいた。

interior of Pinacotheque de Paris

ピナコテーク・ド・パリ

新設の美術館

ピナコテーク・ド・パリは、2007年に新設された新しい美術館である。 パリ市内の新設美術館とは思えない敷地の広さと質の高い展示会で、話題を集めている、今大注目の美術館。

スポンサーリンク

Galeries nationales du Grand-Palais

グラン・パレ・ナショナル・ギャラリー

1900年に出来たパリ芸術の中心地

グラン・パレ・ナショナル・ギャラリー は、1900年のパリ万博に合わせて設立された。 18世紀の建築様式を取り入れるほか、当時としては先端の、ガラスで出来たドームを有する。 ガラス張りの天井は、今でも目を引くほど存在感がある。

in front of Musee Nissim de Camondo in paris

ニシム・ド・カモンド美術館

18世紀の貴族の生活空間を再現した館

ニシム・ド・カモンド美術館は、個人美術館だ。 モイズ・ド・カモンド伯爵という、金融で大きな財をなしたブルジョワ階級の伯爵の個人邸宅を使用して、彼が集めた芸術品と共に建物自体を18世紀の貴族の生活空間として公開している。

スポンサーリンク

スポンサーリンク