スポンサーリンク

パッシー (16区)×ミュージアム

16区パッシーエリアは実はパリ有数の芸術の街になっている。パリの中心部からは少し離れた立地で、まとまった土地を開発し易かったことも原因としてあげられるだろう。古今東西、様々な種類の芸術が集まっている。エッフェル塔の美しい景観を眺めながらミュージアム巡りをするのも面白い。

このカテゴリーをパリ全域で見る

パッシー (16区)×ミュージアム

6件

Palais de Tokyo

1

パレ・ド・トーキョー

新時代の芸術が集まる場所

パレ・ド・トーキョーは、元は1937年パリ万博用に建てられた。 館内に国立近代美術館が入っていたが、美術館ごと作品をポンピドゥーセンターに移動して以降、お役御免となっていた。

Musée Guimet

2

ギメ東洋美術館

ヨーロッパ随一の東洋美術館

リヨンの実業家だったエミール・ギメが、フランス政府の命でアジアの宗教研究をはじめ、 その活動の中でフランスに持ち帰ったコレクションを展示している。

Musée Marmottan Monet

3

マルモッタン・モネ美術館

モネの「日の出」が展示されている美術館

マルモッタン・モネ美術館は、美術史家であるポール・マルモッタン宅を改修して作られている。 もとはポール・マルモッタンの個人コレクションの展示に留まっていたが、印象派の作品がこの美術館に寄贈されて以降は、印象派の作品を展示する美術館として大きく名を馳せている。

スポンサーリンク

Musée d'Art Moderne

4

パリ市立近代美術館

素晴らしい立地の近代美術館

パリ市立近代美術館は、パレ・ド・トーキョーの東翼に入っている、現代美術を集める美術館である。 現代美術、というとポンピドゥーセンターを思い浮かべるが、パリ市立近代美術館にも素晴らしい作品が揃っている。

Baccarat Gallery-Museum in paris

バカラ・ギャラリーミュージアム

バカラ専用ミュージアム

バカラ・ギャラリーミュージアムは、パリ近郊にあるバカラの専門ミュージアム。 バカラと言えばクリスタルガラス製品の最高峰メーカー。 最高の品質のクリスタルプロダクトを一気見しよう。 バカラは1764年創業開始。数あるヨーロッパ発ブランドの中でも最も歴史の深いブランドの一つだ。

exhibition hall of Cite de l'Architecture et du Patrimoine in paris

建築・文化財博物館

原寸大に驚く、建築芸術の宝庫

建築・文化財博物館は、シャイヨー宮に存在する。 その名の通り、フランス各地/世界中の建築にまつわる芸術品を展示している博物館である。 彫刻/壁画が原寸大で再現されており、その迫力に圧倒されるだろう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク