スポンサーリンク

パリの観光スポット人気ランキング

パリは世界一の観光都市だ。エッフェル塔や凱旋門などの世界的に有名な建築物、ミュージアム、広場/公園が町中に点在する。ヴェルサイユ宮殿などパリ郊外にも見どころがあるので旅程を考える時は移動時間など考慮しながら上手く回りたい。

特集

interior of Palais Garnier in paris

【ロマンチック】 パリの美しすぎるスポット10選

パリに行ったら絶対に行きたい、美しくてロマンチックなスポットをランキング形式でご紹介。 有名なスポットからちょっとマイナーなスポットまで紹介しています。 HowTravel厳選のおすすめパリ観光スポットです!

エッフェル塔と夕暮れのパリ

パリ市内の世界遺産を効率よく旅する方法

パリには実に多くの世界遺産が存在する。 セーヌ川河岸一帯が世界遺産に登録されていたりと、複数の世界遺産が狭い範囲にまとまっているため、効率的に観光したい。 HowTravelがお勧めするのは、以下のブロックに分けてそれぞれ一気見する方法だ。 美術館など時間がかかるスポットは日程をずらして訪れるのも一つの手だろう。

エッフェル塔の足元からの眺め

【フランス】パリのお勧め定番観光スポット10選

初めてパリに訪れるなら、まずはこの定番スポットをチェック♪ 絶対行くべき定番スポットを厳選しました。

kichisesan-paris

吉瀬美智子さんがパリ旅行で訪れたスポット【フランス】

今大注目の女優、吉瀬美智子さんが旦那様といった海外旅行で訪れたスポットを紹介します。 パリだけではなく、ローマやカプリ島まで旅行をなさっていて、移動の多い旅になっています。

nishinokana

西野カナが訪れたパリ観光スポット【フランス】

西野カナさんのパリ旅行をご紹介。色々なスポットを回っていて、とても楽しそうな旅です。 彼女の歌詞が同年代の女性から圧倒的な支持を受けているのは、この旅のような豊かな経験を積んでいるからかもしれませんね。 彼女の訪れたパリ観光スポットを参考にして、あなたもパリを満喫してみてはいかがでしょうか。

藤本美貴、庄司夫妻がパリ観光で訪れたスポット【海外旅行】【芸能人】

芸能界でも仲の良い夫婦として有名な、ミキティーこと藤本美貴さんと、旦那さんの庄司さん。お二人でパリに旅行に行った際に訪れたスポットを紹介します。 二人の訪れた場所を参考にして、パリ観光をしてみてはいかがでしょうか。

観光

537件

エッフェル塔と噴水

1

エッフェル塔

世界中の人々に愛されるパリのシンボル

“パリ”と聞いて真っ先にエッフェル塔を思い浮かべる人は多いのではないだろうか。1889年5月6日のオープンから実に120年以上の歴史を誇る、まさにパリのシンボルとも言える鉄塔である。これまでに2億人以上が訪れており、年間に訪れる観光客は約700万人にも及ぶ。その内約75%以上を占めるのが外国人で、日本のスカイツリーの約7%とは対照的だ。 産業革命によって鉄の加工技術が飛躍的に上昇した時代に、その象徴かつ傑作として建造されたエッフェル塔。機能性と美しさを兼ね備えたその繊細な構造から「鉄の刺繍」や「鉄の貴婦人」の異名を持ち、世界中の人々に親しまれている。

Mont Saint Michel in france

2

モン・サン・ミッシェル

西洋の驚異と称される海に浮かぶ修道院

この修道院の起源は708年のことで、アヴランシュの司教オベールが夢の中で、大天使ミカエルからこの島に修道院を建てろとのお告げを聞いたことがきっかけとなっている。

ルーブル美術館の入り口にある公園と噴水

3

ルーブル美術館

世界一の美術館

年間を通して一千万人を越える来館者が訪れる、世界で最も入場者の多い美術館。もともと1190年にパリ防衛のために誕生した城塞で、その後1546年にフランソワ1世の統治下で王宮となり、以降歴代国王の宮殿として使われていた。世界遺産にも登録されていて、所蔵作品は30万点超。主要作品を見るだけで数日必要なボリュームだ。金曜の18:00以降、26歳未満は入場無料になる。

スポンサーリンク

オルセー美術館

近代美術の宝庫

ルーブル美術館と並ぶ、パリの代表的な美術館。1986年開業で美術館としての歴史は浅いが、1848年から1914年までの近代美術を集め名声を集めている。約2万点もの作品が並び、世界的に貴重な美術品が盛りだくさん。所要時間としては最低でも2時間、ゆっくりみてまわる場合は4時間程度と考えておきたい。 美術館は1900年のパリ万博の際に作られた駅舎を改装して作られており、随所に昔の面影を感じることができる。大時計の裏にあるカフェも有名だ。入り口に案内所があり、無料で館内案内パンフレットがもらえるので貰っておくと良い。オルセーでは、作者ごとに展示ブロックが別れているので、お目当ての画家の名前を見つけてじっくり鑑賞しよう。

Arc de Triomphe in paris

凱旋門

フランスの戦いの歴史を物語る栄光の門

凱旋門と聞けば、パリのシャンゼリゼ通りの西端にあるこの門を思い浮かべる人がほとんどだろう。しかし実のところ凱旋門と呼ばれる門はヨーロッパ全土にあり、その起源は古代ローマ時代にまで遡る。凱旋門とは戦いに勝利したことを記念して建設される門の総称なのだ。そのなかでも一際有名なこのパリの凱旋門、正式名称は「エトワールの凱旋門」という。 古代ローマのティトゥス帝の凱旋門を参考に造られており、高さは約50メートル。屋上展望台からはパリの市街が見渡せる。有名な歌や映画にもしばしば登場する、あまりにも有名なパリの象徴だ。

ノートルダム大聖堂

ユネスコ世界遺産に登録された初期ゴシックの最高傑作

大聖堂のあるシテ島はパリ発祥の地であり、英語の「シティ」の語源にもなっている歴史的に極めて重要な場所である。そのシテ島のシンボルとも言えるのがノートルダム大聖堂である。「ノートルダム」とはフランス語で「我らが貴婦人(マリア)」を意味しており、その外観の美しさから「白い貴婦人」の愛称で親しまれている。ノートルダム大聖堂はゴシック建築の最高傑作と呼ばれており、細く鋭くそびえ建つ尖塔がその象徴だ。 ユネスコの世界遺産に登録されている世界的に貴重な建築物であるのはもちろん、敬虔なクリスチャンの参拝が後を絶たない神聖な聖堂でもある。ミサに遭遇した際はくれぐれも私語を慎むように。

exterior of the Palace of Versailles in paris

ヴェルサイユ宮殿

フランス絶対王政と栄華の象徴

世界に数多く存在する王宮の中でも、突出した美しさとスケールの大きさを兼ね備えているヴェルサイユ宮殿。当時フランスで栄華を極め、太陽王とまで呼ばれたルイ14世の命で造られ、今なお他に類を見ない壮麗さを誇っている。1979年にはユネスコ世界遺産に登録され、文化的、歴史的に極めて重要なこ建造物として、またフランスを代表する観光地として世界中の人々に愛されている。パリ・ミュージアム・パスが使用できるのも嬉しい。

スポンサーリンク

Centre national art et de culture Georges-Pompidou

ポンピドゥー・センター

パリにある総合文化センター

パリの巨大文化センターだ。 様々な企画展、図書館や音楽施設、映画館など、複数の機能を備えた芸術/文化の発信地である。ガラス張りのモダンな外観をしており、見るものを圧倒する。

Museum de Orangerie

オランジュリー美術館

モネの"睡蓮"のための美術館

オランジュリー美術館は、印象派を代表する画家クロード・モネの8枚の連作「睡蓮」を、最良の状態で鑑賞する為に建てられた特別な美術館である。 オランジュリー美術館の入っている建物は、元々ナポレオン3世が建築した建造物。1927年、当時首相であったクレマンソーが友人であるモネの睡蓮を展示する為に美術館として生まれ変わらせた。モネは自身の作品をクレマンソーに渡す際、「装飾のない白い壁に、自然光の元で展示する」、「連作を飾る部屋には他の作品を展示しない」等、展示にあたっていくつもの約束をさせたのだ。とはいえ、実は本当にその展示法が実現したのは最近の事。2001年から6年にも及ぶ大工事の末に、天井から自然光が降り注ぐ明るい空間に生まれ変わった。 所蔵数は約150点と規模はそれほど大きくなく、所要時間は1時間-2時間程度。その分一つ一つの作品をじっくり鑑賞する事ができる。日本語ガイドもあるので作品のバックグラウンドもよく分かる。静けさと自然光の元で様々な角度から絵を眺めれば、自分の中に新たな発見や感動が生まれるだろう。 館内ではモネの他にもセザンヌやマティス、モディリアーニ、ピカソ、ルノワール、シスレー等の19世紀後半-20世紀初頭を代表する画家の作品を展示。他の美術館や観光スポットとはしごするにも便が良く、敷地内のチュイルリー公園の散策もできるお勧めのスポットだ。

Stained glass of Sainte-Chapelle in paris

サント・シャペル

ステンドグラスの創りだす幻想的な世界

数多くの教会が建っているパリの中でも、サント・シャペルはイチオシの教会の一つだ。 シテ島に建つこの教会の魅力はその内部で、パリ最古とも言われるステンドグラスが内壁を埋め尽くしており、ゴシック建築の最高峰の一つである。 その総面積はなんと600平方メートルもあり、まさに一面がステンドグラスとなっている。

スポンサーリンク

スポンサーリンク