スポンサーリンク

パリのグルメレストラン人気ランキング

グルメ

12602件

Le Bistro du 28

"ル・ビストロ28

駅近が嬉しい絶品フレンチ

  • 現地料理
  • シャンゼリゼ大通り (8区)

ル・ビストロ28は、シャンゼリゼ大通りからアクセスが良いフランスレストラン。 最寄りのメトロ駅(9号線Malesherbes駅)からすぐの立地も、暗くなってからの食事には嬉しい。

Le-Diane in Paris

"ル・ディアンヌ

シャンゼリゼ大通りにある一つ星レストラン

  • 現地料理
  • シャンゼリゼ大通り (8区)

ル・ディアンヌは、シャンゼリゼ通りにあるホテル「ホテル・フーケッツ・バリエール」の中にある一つ星レストランだ。 2012年に待望の星を獲得した。 腕を振るうシェフはMOFを受賞しているジャン=イヴ・ロランジェ。

Le Petit Chatelet

"ル・プティット・シャトレ

シテ島の目の前で大ボリュームの肉を食べる

  • 現地料理
  • カルチェ・ラタン (5区)

ル・プティット・シャトレは、シテ島から南にセーヌ川を渡った場所にあるフレンチレストラン。 ノートルダム大聖堂、サント・シャペル、コンシェルジュリーなどの見どころが揃うシテ島には、実はレストランが少ない。 シテ島観光中の食事に困ったら、お勧めしたい絶品フレンチだ。

スポンサーリンク

Little Breizh

"リトル・ブレッツ

サン・ジェルマン・デ・プレの人気ガレット店

  • 現地料理
  • サン・ジェルマン・デ・プレ (6区/7区)

最近では日本でも増えてきた、甘くないクレープとして知られるガレットだが、元はフランス北部の郷土料理だ。 サン・ジェルマン・デ・プレ教会からほど近い場所にあるこのリトル・ブレッツはパリに数多くあるガレット店の中でも屈指の人気店で、こじんまりとしている店内はいつも大盛況。

Magokoro in Paris

"真心

地元民に最も人気の日本食レストランの一つ

  • 日本料理
  • ガルニエ宮界隈 (9区)

この真心は口コミサイト等で、パリで最も評価の高い日本料理店の一つに挙げられる。 20席程度の店内は、昼時にはいつも地元の人々で満席となる。 シェフを務めているのは日本人と香港人のハーフの男性で、メニューの品々は日本料理と中華料理のフュージョン料理であり、懐かしい日本食を楽しみに訪れるとあてが外れるかもしれない。

Restaurant Pierre Gagnaire in Paris

"ピエール・ガニエール

シャンゼリゼ大通りそばの三つ星レストラン

  • 現地料理
  • シャンゼリゼ大通り (8区)

ピエール・ガニエールは、シャンゼリゼ通りから北に100メートルほどの距離にある三つ星レストラン。 ホテル「HOTEL BALZAC」の一階にある。 その名の通り、ピエール・ガニエールがシェフの、世界各国に展開しているレストランの本店だ。

Pur' in Paris

"ピュール

パークハイアット内のミシュラン一つ星レストラン

  • 現地料理
  • オペラ大通り (1区/2区)

パリ随一のブランドストリートであるサントノレ通りから1本通りを挟んだ好立地に建つ、パークハイアットの誇るフレンチレストランがこのピュールだ。 シャンゼリゼ大通りやルーブル美術館も徒歩圏内の好立地なので、観光後のディナーにはうってつけだ。

スポンサーリンク

Restaurant Akrame

"アクラム

元エル・プリのシェフによるミシュラン二つ星レストラン

  • 現地料理
  • パッシー (16区)

レストランアクラムは、その名の通り、フランスの若きシェフであるアクラムによって作られたレストランだ。 アクラムは、「世界一予約の取れないレストラン」として有名なスペインの「エル・ブリ」や「ピエール・ガニェール」で働いていた経歴を持つ。

Cafe Etienne

"カフェ・エティエンヌ

エティエンヌ・マルセル通りにあるパリ市民御用達のカフェ

  • カフェ
  • ルーブル (1区)

カフェエティエンヌは、エティエンヌマルセル駅のすぐ側にある開放的なカフェだ。 駅近ということもあり、いつも地元の市民で賑わっている。 店内は落ち着いた雰囲気で、外には開放的なオープン席がある。

フランスパリLobster Barの料理

"ロブスター・バー

定期船をイメージした店内が人気!シーフードメインレストラン

  • 欧州料理
  • ルーブル (1区)

ロブスター・バーの店内は、古い時代に使われた定期船や海の骨董品が置いてあり、海の上で食事をしているかのような錯覚を味わえるアトラクション的なレストランである。1910年に実際に定期船で使われていた椅子や1960年の船の照明に使われた物もあり、インテリアにはこだわりがある。普段中々体験できない場での食事を楽しめる。

スポンサーリンク

スポンサーリンク