スポンサーリンク

パリのナイトクラブ人気ランキング

パリを楽しむ上で一つのポイントとなるのがナイトスポットだ。ムーラン・ルージュなど世界で最も有名なキャバレーや、格式高いジャズバーなど、様々なナイトスポットがパリ市内に点在している。少し敷居が高いと感じてしまったり、怖いと感じる方も、有名な観光地の近くであれば安心して楽しめるはずだ。是非チャレンジしてほしい。格別な夜が待っている。

ナイトクラブ

329件

Moulin Rouge

1

ムーラン・ルージュ

世界で最も有名なキャバレー

赤い大きな風車がトレードマークの、パリのナイトスポット。キャバレー。 歴史は案外と古く、1889年までさかのぼることが出来る。

Social Club

2

ソシアル・クラブ

パリでクラブ音楽を楽しむならここ

熱狂できるようなクラブはパリにはないと言われたのはもう昔の話。 今では世界中から有名DJを集めるクラブが幾つも点在する。 このソシアル・クラブもそんな最先端のクラブの一つだ。 地元の若者だけでなく、様々な国の旅行者が訪れる。

exterior of Au Lapin Agile, paris

3

オ・ラパン・アジル

ピカソが通ったシャンソン酒場

オ・ラパン・アジルは、モンパルナス地区にある、安いシャンソン酒場。 フランスのシャンソンを聴きながらお酒が飲める。

スポンサーリンク

live at la New Morning in paris

4

ニューモーニング

有名アーティストが連夜訪れる名門ジャズクラブ

観光客が集まる地区から離れた10区の通りに位置しているこのニューモーニングは、外観だけ見ると古びたガレージのようで飛び入りで訪れるには抵抗があるかもしれない。 だが安心して欲しい。 このモーニングスターは1981年オープンの、パリを代表する名門ジャズクラブだ。

interior of Caveau de la Huchette in paris

カヴォー・ドゥ・ラ・ユシェット

50年以上の歴史を持つパリ最古のジャズバー

パリは世界的にも有名なジャズの街で数多くのジャズバーが点在している。 特に、歴史と文化の地区であるカルチェ・ラタンには歴史有るジャズバーが多く、この1946年オープンのパリ最古のジャズバーであるカヴォー ・ドゥ・ラ・シェットがあるのもこの地区だ。

Duc des Lombards in paris

デュック・デ・ロンバール

長年愛されてきた老舗ジャズクラブ

日中に動き回るだけがパリ観光ではない。 日が沈んだ後、フランス料理に舌鼓をうった後は是非パリの街に繰り出し、この街の幻想的な雰囲気をその肌で感じて欲しい。 このデュック・デ・ロンバールは1984年創業のパリで最も有名なジャズクラブの一つだ。

Bus Palladium

バス・パラディアム

若者が集まる人気老舗クラブ

若者に人気の老舗クラブ。 歴史は古いが、最近はロックやダンスミュージックが主となっており、特に若者から人気の高いクラブになっている。 エネルギーにあふれているので、気合いを入れて突撃しよう。

スポンサーリンク

la conserverie

ラ・コンセルヴリー

落ち着いた雰囲気の大人のバー

ラ・コンセルヴリーは、他のナイトバーに比べると落ち着いた雰囲気のバーだ。 店員が親日風土に溢れており、気をおかずリラックスできるはず。 木曜-土曜まで毎晩DJが入り、場を盛り上げている。

La Machine du Moulin Rouge in paris

ラ・マシーヌ・デュ・ムーラン・ルージュ

パリで最も熱いクラブの一つ

ラ・マシーヌ・デュ・ムーラン・ルージュとは、モンマルトルにある有名なキャバレー「ムーラン・ルージュ」に併設されている巨大クラブのこと。 そのネオンと巨大な風車が一際目を引く。

Le Petit Journal Montparnasse

ル・プティ・ジュルナル・モンパルナス

フレンチに舌鼓を打ちながらジャズはいかが?

モンパルナスタワーから300メートル程度の距離にあるこのル・プティ・ジュルナル・モンパルナスでは、フランス料理を食べながらジャズやロックやラテンを楽しむことができる。 食事メニューは前菜が€10前後で、メインが€20と比較的リーズナブルだが、味はどれも一級品。

スポンサーリンク

スポンサーリンク