スポンサーリンク

ヴェリブの料金、乗り方 、路線図、注意点

ヴェリブ
Velib

2016/08/04 更新

Velib in paris
  • データガイド

スポンサーリンク

スポンサーリンク

概要

パリ市営、世界最大規模のシェア自転車システム(Velib)

ヴェリブとは、フランス市が導入している、世界最大規模の自転車シェアシステムのこと。
自動車渋滞が深刻な社会問題となり、その解決の一手として2007年から導入された。

システム

people paying for Velib

スタシオンと呼ばれる駐輪場から、自転車を借りる。
スタシオンには、ボルヌと呼ばれる発券機があるので、画面の指示に従って入金をすることで、自転車が借りられる。

借りた自転車は、パリ市内にあるどのスタシオンに返却するのでも構わない。
スタシオンの位置は、ボルヌの裏に地図が記載してあるので、借りる際にメモをしていこう。
約300メートル置きにスタシオンがあるので、スタシオンがなくて返却が出来ないことはまれだ。
ただし、エッフェル塔などの有名な観光地の周囲にあるスタシオンには、ヴェリブが集まり易く返却するスペースがない場合があるので要注意。
観光スポットから少し離れた場所でスタシオンを探すのが良いだろう。

station of VelibVelib in Paris

料金

借りてから30分を過ぎると超過料金が発生する。
その後も時間が経てば経つほど料金が上乗せされていくので注意したい。

■基本チケット購入料金
1日券は€1.7
1週間券は€8

※基本チケット購入料金に、以下の時間利用料金が加算される。

■利用料金
30分間は基本チケット購入料金のみ
1時間は+€1
1.5時間は+€3
2時間は+€7
5時間は+€31
10時間は+€71
20時間は+€151

盗難や、需要と供給量の差を埋めるためにこのような超過料金体系になっている。

スポンサーリンク

制限

13歳以下は利用不可。
14歳-18歳までは保護者の承認が必要なので注意をしたい。

慣れてしまえばとても使いやすく、安価に移動費も時間も節約出来る。
パリ市民になったつもりで、積極的にトライしてみたい。

ヴェリブの利用方法

ヴェリブは、スタシオンにある発見器「ボルヌ」で手続きをすることで使用可能だ。
ボルヌは日本語に対応しているので、指示に従って手続きを進めよう。
支払いは現金ではなくクレジットカードのみ対応となっているので注意したい。

Velib in ParisVelib in Paris

ヴェリブの危険対策

人気記事

海外旅行に必要なパスポートとお金
海外での防犯対策グッズ
マイルを貯めて飛行機に乗る
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク