スポンサーリンク

ラスカリ宮の見所、料金、営業時間、アクセス・行き方等の観光情報

ラスカリ宮
Palais Lascaris

2016/08/04 更新

Palais Lascaris

概要

バロック建築と楽器のコレクション

Palais Lascaris

旧市街の中心部にあるラスカリス宮殿は、17世紀半ばにニースの名門貴族ラスカリス·ヴェンティミリア(Lascaris-Vintimille)のために建てられた。

豪華な内装の部屋と、フレスコ画で飾られた素晴らしい階段を備えたバロック文化様式の最高峰の建築物である。

メイン・フロアに立並ぶ立派な部屋は、17世紀後半の神話をテーマにしたフレスコ画が描かれた天井や漆喰で飾られ、17-18世紀のオービュッソン(Aubusson)地方製やフランダース(Flandres)製のタペストリー、絵画、グラフィック・アート、彫刻、芸術的な置物や家具等が惜しげも無く置かれている。

加えて、この宮殿にはヨーロッパの貴重な芸術的楽器のコレクションがある。
アントワーヌ・ゴーティエ(Antoine Gautier)の遺品のコレクションで、パリのラ·ヴィレット博物館(Museum of La Villette)に次いで二番目の規模を誇る、ヨーロッパでは最も重要なコレクションの1つである。

ラスカリ宮の危険対策


(Photo by Jean-Pierre Dalbéradebs-eye)

人気記事

海外旅行に必要なパスポートとお金
海外での防犯対策グッズ
マイルを貯めて飛行機に乗る
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク