カーレンベルクとレオポルツベルクの観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

カーレンベルクとレオポルツベルク
Kahlenberg Leopoldsberg

2017/05/05 更新

http://www.howtravel.com/wp-content/uploads/2015/08/220fb4907715820ecc4b4314b46bc7d7-1080x720.jpg

スポンサーリンク


スポンサーリンク


概要

ウィーン市街を見下ろす穏やかな丘

Kahlenberg Leopoldsberg

カーレンベルクとレオポルツベルクは、ウィーンの北に位置する山だ。
カーレンベルクは標高484メートル、レオポルツベルクは標高425メートルと、どちらも険しい山ではなく、子供からお年寄りまで登りやすい穏やかな丘陵だ。

ハイキングスポットとしても有名で、週末になると、観光客に加え、ウィーン市民も数多く足を運ぶという。
どちらの山も、バスで登ることができるという点も嬉しい。
山のふもとに位置するHeiligenstadt駅(ハイリゲンシュタット駅)から、ホイリゲ(ワイナリー直営の居酒屋)が立ち並ぶグリンツィング(Grinzing)を経由し、カーレンベルクとレオポルツベルクまで行くバスが走っているため、体力に自信がない人でも山頂まで簡単にアクセスできる。
メトロトラムの共通券で乗車できるという点も便利だ。

見どころ

展望台からウィーンの絶景を望む

Kahlenberg Leopoldsberg

カーレンベルクとレオポルツベルクの人気の秘訣は、なんといってもその展望の良さだ。
ドナウ川沿いの低い土地に広がるウィーン歴史地区が、まるごと見下ろせる位置にある。
カーレンベルクには展望台が備えられており、開けた視界からは、グリンツィングのブドウ畑、ドナウ川、シュテファン寺院の尖塔などが一望できる。

山頂にはカフェもあり、飲み物や軽食を楽しむことができる。
コーヒー片手に絶景を楽しむというぜいたくな時間をすごしてみてはいかがだろうか。

ウィーン旅行者の必読記事

人気記事

ホテルザッハー
海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
海外旅行に必要なパスポートとお金
wifiレンタル

スポンサーリンク