パスクァラティハウスの観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

パスクァラティハウス
Pasqualatihaus

2017/05/05 更新

Pasqualatihaus

データガイド

アクセス・入場

概要

ベートーヴェンが住んだアパートを改築した博物館

パスクァラティハウスは、ベートーヴェンが住んでいた家を改築した博物館だ。
ウィーン大学のほぼ向かいに位置する。
ベートーヴェンは生涯にわたり、頻繁に引越しを繰り返したことでも知られる。
そのため、この建物も、そう長く住んでいたわけではないようだ。実に80回ちかくも引越しをしていたというのだから驚かされる。

博物館と言っても、大きな建物がそびえているわけではなく、あくまで建物の一部が改築されているだけ。
一見して普通の建物なので、やや見つけづらいのが難点かもしれない。そのほかの部屋は、現在でもアパートメントとして使われているという。

展示内容はもちろんベートーヴェンに関するもの。
実際にベートーヴェンが使ったピアノ、自筆の楽譜、肖像画など、展示物は充実。
クラシック音楽ファンなら必見の観光スポットだ。

ウィーン旅行者の必読記事

(Photo by Manfred Morgner)

人気記事

ホテルザッハー
海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
海外旅行に必要なパスポートとお金
wifiレンタル

スポンサーリンク