マリア・アム・ゲシュターデ教会の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

マリア・アム・ゲシュターデ教会
Maria Am Gestade

2017/05/05 更新

http://www.howtravel.com/wp-content/uploads/2015/08/slick_MARIA-AM-GESTADE-1080x1591.jpg

概要

優美な美しさをたたえる「岸辺のマリア」教会

MARIA AM GESTADE

マリア・アム・ゲシュターデ教会は、ドナウ運河のほど近くにそびえるゴシック様式の教会だ。
シュテファン寺院王宮があるウィーン歴史地区の中心部からは少し離れた位置にある。
「岸辺のマリア」という教会の名前が示す通り、建設された際はドナウ川の支流のほとりにあったという。
石畳の続く町並みに、スッと突き出た尖塔がよく映える、美しい教会だ。

背の高い先頭と繊細な細工に対して、建物自体は大きくなく、そのバランスが華奢な優美さを感じさせる。
白を基調とした見た目も相まって、マリア・アム・ゲシュターデ教会は「女性的な美しさ」と表現されることが多い。

中に入ると、天井の高さと内幅の狭さがよりはっきりとわかるだろう。
教会内を飾る「受胎告知」の絵画も必見だ。

ウィーン旅行者の必読記事

人気記事

ホテルザッハー
海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
海外旅行に必要なパスポートとお金
wifiレンタル

スポンサーリンク