スポンサーリンク

カールス教会の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

カールス教会
Karlskirche

2017/05/05 更新

Karlskirche

概要

バロック建築で聞く宗教音楽のコンサート

Karlskirche

カールス教会は、ウィーン・リンク沿いに建つバロック建築様式の教会だ。
大きな丸いドームが特徴的で、ドームの内側、天井はロットマイヤーによる天井画で飾られる。
内装は、ペストを撲滅するウィーン守護神のレリーフをはじめ、装飾性が高く非常に美しい。

カールス教会は定期的に開催される夜のコンサートでも有名だ。
毎週木曜日にはアヴェ・マリアをはじめとした宗教音楽、毎週金曜日にはヴィヴァルディの「四季」、毎週土曜日はモーツァルトの「レクイエム」が演奏される。
コンサートは、4月-10月をメインシーズンとし、1ヶ月前後の差はあるものの晩秋〜初春にかけては開催されない。
鑑賞したいコンサートがある場合は、念のために事前の確認をしっかりしておくことをお勧めする。

ウィーン旅行者の必読記事

人気記事

ホテルザッハー
海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
海外旅行に必要なパスポートとお金
wifiレンタル

スポンサーリンク