スポンサーリンク

ウィーンの建築物人気ランキング

建築物

132件

Schloss Schonbrunn

1

シェーンブルン宮殿

明るい黄色がシンボル。ハプスブルグ家の夏の離宮

シェーンブルン宮殿は、ウィーン・リンクから西に少し離れた場所に位置する広大な宮殿だ。もともとはハプスブルグ家の君主が代々離宮として使用していた場所であり、宮殿と庭園が世界遺産に登録されている。すべての部屋を合わせると1400室を超え、内1階-2階にある45室が一般公開されている。マリー・アントワネットが15歳まで暮らした場所であり、6歳だったモーツァルトが御前演奏を披露した事も。また、ナポレオンがウィーン占領時に宿泊していた事でも知られている。ハプスブルク家の繁栄とオーストリアの歴史が垣間見える重要なスポットだ。 現在、宮殿内の一部の部屋に限り、ガイドツアーに参加する形での見学が許されている。ツアーは長いもの、短いものの2種類が用意されている。日本語でのガイドもあるため、現地語に自信のない人でも安心だ。

Wiener Staatsoper

2

ウィーン国立歌劇場

ウィーンが世界に誇る歌劇場

トラムのOper(オーパ)駅すぐ正面にそびえる大きな建物こそ、ウィーンが世界に誇る歌劇場、ウィーン国立歌劇場だ。全世界からオペラファンが集まるオペラの殿堂として名高く、古典の名作はもちろん、近現代のオペラも精力的に上演。さらには初心者や子供も楽しめる斬新なプログラムも取り揃えており、枠にとらわれない多彩なラインナップも魅力のひとつ言える。座席数は1709席、車椅子席が22席ある他、立ち見席も567席用意されている。 ウィーン国立歌劇場管弦楽団及び、世界屈指の人気オーケストラであるウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(ウィーン国立歌劇場管弦楽団の団員が自主的に運営)の母体であり、メインとなる演目はオペラだが、バレエやコンサートの公演も行われている。年に1回、各国の著名人が一堂に会する華やかなオペラ座舞踏会が開催されている。

Hofburg

3

ホーフブルク宮殿 (王宮)

オーストリア皇帝が住んだ豪奢な宮殿

ウィーン・リンクの中央部、まさにウィーンの中心にそびえるのがホーフブルク王宮だ。 長い歴史とともに増改築が繰り返され、豪奢な建物と庭園とが広がる広大な建築物となっている。 ハプスブルグ家の王宮として長く使われ、神聖ローマ帝国時代からオーストリア・ハンガリー帝国までの皇帝の居城となった。 現在でも、オーストリア連邦大統領の公邸として使用されている。

スポンサーリンク

Belvedere

4

ベルヴェデーレ宮殿

英雄が住んだバロック宮殿と豪奢な庭園

ウィーンのベルヴェデーレ宮殿は、バロック建築を代表する壮麗な宮殿だ。上宮・下宮とそれをつなぐ広大な庭園からなり、現在は中世から現代までのオーストリアの著名な美術作品をコレクションした美術館(オーストリア・ギャラリー)として、多くの人が訪れる場所となっている。オーストリアの€20硬貨の裏面に描かれているのもこの宮殿だ。 特に有名な作品が、グスタフ・クリムトの「接吻」で、この作品はベルヴェデーレ上宮のシンボルとなっている。オーストリアで第2の大きさを誇る広大な美術館なので、所要時間はざっくり回るなら2時間、じっくり鑑賞するなら3時間近くは見ておこう。

Universitat Wien

ウィーン大学

ドイツ語圏最古の伝統ある大学

ウィーン大学は、ドイツ語圏最古の大学だ。 ウィーン・リンク沿いに位置し、その区画全体がウィーン大学となっている。 当然、学生たちのための建物ではあるのだが、一般の観光客も建物内に入ることが可能だ。 ウィーンの美しい街並みに馴染む重厚な石造りの建物は、建築物として鑑賞しても楽しい。

Volksoper Wien

ウィーン・フォルクスオーパー

音楽の都ウィーンを象徴する大衆オペラ座

ウィーン・フォルクスオーパーは、ウィーン・リンクから北西に少し離れ、アルザーグルント地区にある歌劇場だ。ウィーン国立オペラ座と並んで、音楽の都ウィーンの象徴といえるオペラ座といえる。 ウィーン・リンク内から最寄り駅であるWähringer Straße-Volksoper駅へアクセスする際は、メトロU2線、トラム1、D線のSchottentor駅(ショッテントーア駅)からトラム40、41、42番線へ乗り換えるのが簡単だ。

Stephansdom

シュテファン寺院

ウィーンのシンボル、ゴシック様式の大聖堂

シュテファン寺院はウィーン旧市街の真ん中にそびえるゴシック様式の大聖堂。ユネスコの世界遺産にも登録されている古く美しい街並みを誇るウィーンのシンボルであり、観光スポットとして外せない教会と言える。 シュテファン寺院はオーストリアの盟主ハプスブルグ家の墓所としても有名で、カタコンベ(地下墓所)には、ハプスブルグ家の君主が眠っている。

スポンサーリンク

Wiener Rathaus

ウィーン市庁舎

ウィーン市の自治と自立を体現する美しい市庁舎

ウィーン市庁舎は、フリードリヒ・シュミット広場に位置するウィーン市の市役所だ。この建物の役割は、単なる市政の執行だけに留まらない。広大なホールは展覧会や舞踏会等のイベントに使用され、地下室もまた豪奢な装飾を施されてパーティー会場等に利用される。ウィーン市の自治と自立を体現した、市の中心となる建物なのだ。

建築

かつてウィーン市を囲っていた城壁を取り壊し、環状道路を設置したリンクシュトラーゼの再開発時に建てられたものである。リンク沿いの建物の多くがオーストリア帝国主導のもと建築された中で、珍しいウィーン市主導の建築物だ。建物はネオゴシック様式と呼ばれる建築様式を取り、高い尖塔と広々とした大ホールが特徴的だ。中庭を持つ伝統的な様式はバロック様式の宮殿にならう。

Albertina

アルベルティーナ

豪奢な宮殿建築と絵画コレクションを楽しむ

アルベルティーナは、ウィーン・リンクの内側、ウィーン歴史地区に位置する美術館だ。 マリア・テレジアの娘の婿であったアルベルト・フォン・ザクセン公爵による膨大な数の絵画作品のコレクションは圧巻の一言だ。

Burg Kreuzenstein

クロイツェンシュタイン城

中世の雰囲気たっぷりの丘に立つ古城

クロイツェンシュタイン城は、ウィーン中心部から離れたレオベンドルフという地域にある城だ。 古びたレンガづくりの城壁、立ち並ぶ尖塔はまさに「中世のお城」のイメージそのまま。CMや映画のロケ地としても、よく使われる場所である。

スポンサーリンク

スポンサーリンク