スポンサーリンク

特集

Wien food

ウィーンで食べられるオーストリアの名物料理10選!お勧めグルメ旅

「音楽の都」として名高いウィーン。ウィーンフィルハーモニーの本拠地である学友協会や国立オペラ座などの珠玉のコンサートホールでは、ウィーンならではの極上の音色を聴くことができる。そして、その音色と同じくらい魅力的なのがウィーン料理である。 グルメであったハプスブルク家によって長い間統治されていたウィーンでは、料理の種類も実に様々である。 ボリューム満点の豪華な料理から、軽い一品、家庭の味の郷土料理、美味しいデザートなど、多くの料理を楽しむことができる。

リンク周辺×グルメ

6件

Weinfach Vinothek Bar

1

ヴェインファック ヴィノテック エン バー

無数のワインからお気に入りを見つける

店名は「ワインのスペシャリストによるワインショップ&バー」という意味。 その名の通り、オーナーのピーター氏はソムリエの資格を有し、幅広い知識を持つ。とてもフレンドリーな接客で、英語も堪能だ。

Rosnovskyundco

2

ロスノボスキ ウンド コ

落ち着いた雰囲気で楽しむオーストリア料理

ウィーン市庁舎のすぐ西側にあるレストラン。フレンドリーでリラックスした雰囲気の中で、地元のオーストリア料理を楽しめると評判だ。 1823年からホテルとして使われていた建物を改装したため、19世紀の面影が残っている。

Satrapezo

3

サトラペゾ

手軽に楽しめるグルジア料理

グルジアはトルコとロシアに挟まれた中東の国だ。 ユーラシア大陸の中継地として栄えたため、ヨーロッパと中東、西アジア料理の影響を受けて、様々な食材や香辛料を使用する。 ウィーンにグルジア料理店はいくつかあるが、サトラペゾはその中で最も人気がある。

スポンサーリンク

オーストリアウィーンBolena Restaurant & Weinbarの料理

ボレーナ・レストラン・アンド・ワインバー

世界中から厳選されたワインが集まるワインバー

ボレーナ・レストラン・アンド・ワインバーはウィーンの中心部地区に位置している。店内は、天井が高いため広々とした印象を受ける。床に使用されている木は、100年以上前からのもので伝統的な部分も覗かせ、どこか落ち着いた雰囲気を漂わせている。 メニューは、2、3週間おきに変わり、タルタルステーキ(生の牛肉または馬肉を、粗いみじん切りにし、オリーブオイル、食塩、コショウで味付けし、タマネギ、ニンニク、ケッパー、ピクルスのみじん切りなどの薬味と卵黄を添えた料理)などが前菜として提供される。

オーストリアウィーンAusklangの外観

オースクラン

お洒落なバー・カフェ・レストランの全て一度に楽しもう

ウィーン3区に位置しているにある「オースクラン」は、ベルベデーレ宮殿を始めとしてバロック時代の宮殿が多く残る地域として有名で、現在大使館・領事館などが多くある外交官街である。店内には、シンプルでエレガントなデザインのコーヒーラウンジバー、レストランがある。夏季には喫煙と禁煙エリア、テラス席などを展開している。夕方には現代料理と料理に合う飲み物を展開し、リズミカルな音楽ビートの中での食事を楽しむことが出来る。また、バーラウンジもあるので1人でお酒を楽しみたい場合でも安心だ。

Salm Brau Klosterbrau

サーム・ブラウ・クロスターブラウエレイ

ベルヴェデーレ宮殿下宮のすぐ近くにある地ビールが美味しいお店

お肉がメインのオーストラリア地ビールのビアホール。席数は多いが、夜訪れる際は予約を入れると確実。

スポンサーリンク

スポンサーリンク