スポンサーリンク

ウィーンのグルメレストラン人気ランキング

特集

Wien food

ウィーンで食べられるオーストリアの名物料理10選!お勧めグルメ旅

「音楽の都」として名高いウィーン。ウィーンフィルハーモニーの本拠地である学友協会や国立オペラ座などの珠玉のコンサートホールでは、ウィーンならではの極上の音色を聴くことができる。そして、その音色と同じくらい魅力的なのがウィーン料理である。 グルメであったハプスブルク家によって長い間統治されていたウィーンでは、料理の種類も実に様々である。 ボリューム満点の豪華な料理から、軽い一品、家庭の味の郷土料理、美味しいデザートなど、多くの料理を楽しむことができる。

グルメ

2410件

Hill Restaurant

1

ヒル レストラン

洗練された食事のために足を運ぶ贅沢

ヒル レストランはウィーン市内から車で25分ほど西に離れた高級住宅地に位置するオーストリア料理のレストランである。 アクセスは便利とは言い難いが、それでも連日予約で埋まっていることが、味に対する何よりの証明になるだろう。

Dstrikt Steakhouse

2

ディストリクト ステーキハウス

リッツ・カールトン内の一流ステーキハウス

世界的に有名な5つ星ホテル「リッツ・カールトン」内に店舗を構えるステーキハウス。 ホテルに引けを取らない高級感のある雰囲気で、サービスの質も高い。ワインの品揃えにも定評がある。

Weinfach Vinothek Bar

3

ヴェインファック ヴィノテック エン バー

無数のワインからお気に入りを見つける

店名は「ワインのスペシャリストによるワインショップ&バー」という意味。 その名の通り、オーナーのピーター氏はソムリエの資格を有し、幅広い知識を持つ。とてもフレンドリーな接客で、英語も堪能だ。

スポンサーリンク

Rote Bar

4

ローテ バー

ザッハー・トルテ発祥の店

ウィーンの旅行者でホテル・ザッハーの名を知らない人はいないと言っても過言ではないだろう。 その有名ホテルに引けを取らない高級感を漂わせるのがRote Barだ。 ベルベットで統一された内装に、豪華なシャンデリア、いくつもの油絵に囲まれていると、中世の貴族にでもなったような気分になる。

Rosnovskyundco

ロスノボスキ ウンド コ

落ち着いた雰囲気で楽しむオーストリア料理

ウィーン市庁舎のすぐ西側にあるレストラン。フレンドリーでリラックスした雰囲気の中で、地元のオーストリア料理を楽しめると評判だ。 1823年からホテルとして使われていた建物を改装したため、19世紀の面影が残っている。

Ribs of Vienna

リブス オブ ヴィエナ

1メートルのスペアリブを豪快に

リブス・オブ・ヴィエナはその名の通り、スペアリブを中心とした肉料理レストランだ。 店の名物は1メートルの巨大スペアリブ。 よく味の染み込んだスペアリブは美味しく、次々と手が伸びてしまう。ソースも2種類付いてくるので、飽きることなく食べられるだろう。 迫力のボリュームのスペアリブに、2種類のソース、パンが付いて€14.80とコストパフォーマンスが高いのも魅力。

オーストリアTHURN Heurigen Restaurantの料理

トゥルンホイリゲンレストラン

伝統的なオーストリア料理が楽しめるお店

「気楽で、美味しく、上質」をコンセプトに、レベルの高いシュタイアーマルク地方特有の伝統的なオーストリア料理を提供している。地方の生産者と提携していて、有機栽培の旬の食材を常に提供している。新鮮な料理と食べながらゆっくりとした時間を楽しめるに違いない。

スポンサーリンク

Satrapezo

サトラペゾ

手軽に楽しめるグルジア料理

グルジアはトルコとロシアに挟まれた中東の国だ。 ユーラシア大陸の中継地として栄えたため、ヨーロッパと中東、西アジア料理の影響を受けて、様々な食材や香辛料を使用する。 ウィーンにグルジア料理店はいくつかあるが、サトラペゾはその中で最も人気がある。

ベネチアMelker Stiftskellerの店内

メルカースティフトゥケラー

伝統的なオーストリア料理を食べたいなら間違いなくここ

メルカースティフトゥケラーはウィーンで最も古い地下貯蔵レストランで、現在でもニーダーエスターライヒ州にあるベネディクト派のメルク修道院に属する歴史的なレストランだ。伝統的なオーストリアとウィーンの料理を提供しており、居心地の良い雰囲気はオーストリア市民にだけでなく旅行者の間でも有名だ。

Lebenbauer Vollwert Restaurant

リーベンバウワー フォルヴァート レストラン

疲れた胃腸に優しい料理でほっとする

旅行中は外食が続いて胃が疲れてしまうもの。 そんな時に訪れたいのがベジタリアン料理が中心のこの店だ。 肉や魚を使用したメニューも一部あるものの、ほとんどのメニューが動物性たんぱく質を一切摂らないビーガンと呼ばれる人々でも食べられるレシピに徹底されている。

スポンサーリンク

スポンサーリンク