スポンサーリンク

ウィーンのアクセス・交通情報

特集

飛行機で安眠できる最強睡眠グッズを旅のプロが厳選

「到着した日は疲れて眠たいのは当たり前」、「飛行機の中では2-3時間寝られれば良い方」というような、機内で安眠できない旅行者のために、一年の内かなりの日数を飛行機内で過ごすHowTravel編集部が、最強睡眠グッズをご紹介する。せっかくお金を出して、限られた休暇の中で旅行に行くのだから初日から最終日まで目一杯旅行を満喫しよう。

マイルを貯めて飛行機に乗る

クレジットカードでマイルを貯めてタダで海外に!

頻繁に飛行機を利用しないからといってマイルを貯めてこなかった人は、大きな損をしているかもしれない。アメリカやヨーロッパへの往復フライトで得られるマイルだけで、東京大阪間の航空券や韓国や台湾といった近隣国の航空券に無料で交換することができる。また、公共料金の支払いをクレジットカード経由にしたり、日々発生する費用をクレジットカードで支払ったりすることでもマイルを獲得することができ、タダで世界中を旅行することも可能だ。この記事ではHowTravelのお勧めマイレージカード情報をご紹介する。

HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スーツケース お勧め人気ブランドランキング

スーツケースの人気ブランドのランキング!数あるスーツケースのブランドから、特にオススメ出来るブランドを厳選してランキング形式で紹介する。

アクセス・交通

7件

Flughafen Wien

1

ウィーン国際空港と市内へのアクセス

ウィーン国際空港は、ウィーンの中心から南東に18キロメートルのところに位置するオーストリア最大の空港。オーストリア航空と、同グループであるニキ航空(国際線格安の航空会社)のハブ空港でもある。オーストリア航空が成田空港からの直行便も就航中で、2014年の総旅客数は2248万人を超えた。 冷戦時代に中立国であったオーストリア。現在でもウィーン国際空港は東欧や中東方面の国々へ向かう為の乗り換えに利用する旅行客が多く、東西をつなぐ役割を果たしている。

vienna_taxi

2

ウィーンのタクシー

ウィーンのタクシーにはいろいろな車種や色があり、車体上の「Taxi」のサインがあればタクシーであると見分けることができる。 ドライバーは概して信頼できるが、事前に料金交渉をしていないにもかかわらずメーターを倒さないドライバーにはメーターを倒すよう促すこと。 ウィーンのタクシー料金は、通常料金と深夜及び日曜、祝日料金の2体系となっている。

metro

3

ウィーンのメトロ(Uバーン)

ウィーンのメトロは、U1線からU6線までの5路線(U5線はない)走っており、ウィーン市内を移動するにはとても便利である。 日本のメトロのように、路線によって色分けされてあるため、わかりやすい。 地下に降りる階段には、水色のUと記載された看板が立っており、メトロの目印になっている。

スポンサーリンク

s-bahn

4

ウィーンのSバーン(近郊列車)

ウィーン市内を走行するSバーンとは、近郊列車のことで11の路線が走っている。 Sバーンは、主にドイツ語圏の国で使われている名称である。 ウィーン空港とウィーン市内を移動する際も、Sバーンはよく利用され便利である。

tramway

ウィーンのトラム

ウィーン市内を走るトラムは28路線あり、メトロやバスと同様に利用しやすい交通手段のひとつである。 トラムは歴史的にも古く、現在新型と旧型が走行している。 新型は低床となっているため、ベビーカーなどの乗り降りがしやすくなっている。

bus

ウィーンのバス

ウィーン市内では90路線ものバスが走っており、地元の人々や多くの観光客の交通手段として利用されている。 メトロ・トラムと合わせると937キロメートルにおよぶ距離を網羅し、移動に便利な都市である。 バスは、メトロやトラムが走っていない場所も運行しているため、慣れれば便利である。

railway

オーストリアの鉄道

オーストリアの鉄道は、隣国の8か国をつなぐ路線が走っており、ドイツ・イタリア・スイス・ハンガリー等へ向かう国際列車が乗り入れている。オーストリア連邦鉄道(ÖBB)が運営しており、私鉄であるwestbahn(WB)が運営している列車も走っている。 列車の種類は様々で、2008年より運行開始の特急列車のレールジェット(RJ)、オーストリアの各都市と、ドイツ・スイス・イタリア・チェコ等の都市をつなぐ国際特急列車のユーロシティ(EC)、オーストリア各都市を結ぶ特急列車であるインターシティ(IC)等多種多様である。 オーストリア国内の長距離列車は全席指定の列車が少ない。一方で隣国へ向かう国際列車は全席指定制となり、別途指定券を取る必要があるので注意しよう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク