スポンサーリンク

リンク外部

特集

Schloss-Schonbrunn

【オーストリア】ウィーンのお勧め定番観光スポット10選

初めてウィーンに訪れるなら、まずはこの定番スポットをチェック♪ 絶対行くべき定番スポットを厳選しました。

Wien food

ウィーンで食べられるオーストリアの名物料理10選!お勧めグルメ旅

「音楽の都」として名高いウィーン。ウィーンフィルハーモニーの本拠地である学友協会や国立オペラ座などの珠玉のコンサートホールでは、ウィーンならではの極上の音色を聴くことができる。そして、その音色と同じくらい魅力的なのがウィーン料理である。 グルメであったハプスブルク家によって長い間統治されていたウィーンでは、料理の種類も実に様々である。 ボリューム満点の豪華な料理から、軽い一品、家庭の味の郷土料理、美味しいデザートなど、多くの料理を楽しむことができる。

vienna plan

ウィーン旅行5泊7日の予算とモデルプラン

「音楽の都」ウィーン。ここでは5泊7日のウィーン旅行の予算の目安を、費用重視の「最低予算」と、時間や利便性重視の「平均的予算」の2タイプに分けてご紹介。同じ5泊7日でも、GWや年末年始など混み合う時期かオフシーズンかで、飛行機代やホテル代が大きく変わってくる。 滞在期間がイースター休暇やクリスマスなどオーストリアの祝祭日に重なる場合は、ショップやレストラン、観光地などの休業情報や、交通機関の運行状況も確認しておこう。もちろん、訪れる時期ならではのイベントや期間限定スポットなどのチェックも忘れずに。

クレジットカードでマイルを貯めてタダで海外に!

頻繁に飛行機を利用しないからといってマイルを貯めてこなかった人は、大きな損をしているかもしれない。アメリカやヨーロッパへの往復フライトで得られるマイルだけで、東京大阪間の航空券や韓国や台湾といった近隣国の航空券に無料で交換することができる。また、公共料金の支払いをクレジットカード経由にしたり、日々発生する費用をクレジットカードで支払ったりすることでもマイルを獲得することができ、タダで世界中を旅行することも可能だ。この記事ではHowTravelのお勧めマイレージカード情報をご紹介する。

スーツケース売り場

海外旅行用スーツケースの選び方

海外旅行に行く際に持っていくスーツケースの正しい選び方を知っているだろうか? スーツケースは海外旅行と密接に結びつくもの。大切な荷物を入れて、一緒に旅を重ねるパートナーだ。一概にスーツケースと言っても色々な種類があって、利用するシーンによって適している素材やメーカー、大きさなどが異なる。正しい知識をつけて、自分にとって最適なスーツケースと出会って頂けたら嬉しい。

リンク外部

26件

Schloss Schonbrunn

1

シェーンブルン宮殿

明るい黄色がシンボル。ハプスブルグ家の夏の離宮

シェーンブルン宮殿は、ウィーン・リンクから西に少し離れた場所に位置する広大な宮殿だ。もともとはハプスブルグ家の君主が代々離宮として使用していた場所であり、宮殿と庭園が世界遺産に登録されている。すべての部屋を合わせると1400室を超え、内1階-2階にある45室が一般公開されている。マリー・アントワネットが15歳まで暮らした場所であり、6歳だったモーツァルトが御前演奏を披露した事も。また、ナポレオンがウィーン占領時に宿泊していた事でも知られている。ハプスブルク家の繁栄とオーストリアの歴史が垣間見える重要なスポットだ。 現在、宮殿内の一部の部屋に限り、ガイドツアーに参加する形での見学が許されている。ツアーは長いもの、短いものの2種類が用意されている。日本語でのガイドもあるため、現地語に自信のない人でも安心だ。

Belvedere

2

ベルヴェデーレ宮殿

英雄が住んだバロック宮殿と豪奢な庭園

ウィーンのベルヴェデーレ宮殿は、バロック建築を代表する壮麗な宮殿だ。上宮・下宮とそれをつなぐ広大な庭園からなり、現在は中世から現代までのオーストリアの著名な美術作品をコレクションした美術館(オーストリア・ギャラリー)として、多くの人が訪れる場所となっている。オーストリアの€20硬貨の裏面に描かれているのもこの宮殿だ。 特に有名な作品が、グスタフ・クリムトの「接吻」で、この作品はベルヴェデーレ上宮のシンボルとなっている。オーストリアで第2の大きさを誇る広大な美術館なので、所要時間はざっくり回るなら2時間、じっくり鑑賞するなら3時間近くは見ておこう。

Augarten

3

アウガルテン

ウィーン少年合唱団の本拠地がある美しい公園

アウガルテンは、ウィーンの中心部から北に少し離れた位置にある、大きな公園だ。ウィーン・リンクとは、ドナウ運河を挟んだ反対側に位置する。 公園内にはさまざまな施設が建設されており、その中でもアウガルテン宮殿が有名だ。広い庭園の緑が白い壁に映える、端正な印象の建物だ。 現在は、グスティヌス・アンブロシ美術館として使われており、現代の若手作家の作品を楽しむことができる。また、アウガルテン宮殿は、ウィーン少年合唱団の寄宿舎として使用されていることでも有名となっている。

スポンサーリンク

Volksoper Wien

ウィーン・フォルクスオーパー

音楽の都ウィーンを象徴する大衆オペラ座

ウィーン・フォルクスオーパーは、ウィーン・リンクから北西に少し離れ、アルザーグルント地区にある歌劇場だ。ウィーン国立オペラ座と並んで、音楽の都ウィーンの象徴といえるオペラ座といえる。 ウィーン・リンク内から最寄り駅であるWähringer Straße-Volksoper駅へアクセスする際は、メトロU2線、トラム1、D線のSchottentor駅(ショッテントーア駅)からトラム40、41、42番線へ乗り換えるのが簡単だ。

Friedhofe Wien

ウィーン中央墓地

音楽家が眠るウィーン最大の墓地

ウィーンの中央墓地は、ウィーン市中央部から南方向に離れた場所に位置する広大な霊園だ。「国籍、信教にかかわらず、どのような人も埋葬する」という基本理念に則り、およそ300万人に及ぶ個人が埋葬されている、大規模な墓地となっている。

Theater an der Wien

アン・デア・ウィーン劇場

「新しいオペラハウス」を掲げるバラエティ豊かな歌劇場

アン・デア・ウィーン劇場は、ウィーン・リンクの外側、マリアヒルファー地区に位置する劇場だ。 毎年5月-6月に開催される「ヴィーナー・フェストヴォッヘン」のメイン会場としても知られる。

Wiener Konzerthaus

コンツェルトハウス

ウィーン・フィルハーモニーの本拠地

ウィーン・コンツェルトハウスは、ウィーン・リンク沿い、スタッドパークのそばに位置するオーケストラ用のコンサートホールだ。 大ホール・モーツァルトホール・シューベルトホールの3つのホールが完備される。 フェルディナンド・フェルナーの設計によるもので、金色に彩られた大ホールのドームは美術的価値も高く、また音響も優れていると言われる。

スポンサーリンク

Technisches Museum Wien

技術博物館

ヨーロッパ近現代の発明品に触れる

ウィーンの技術博物館は、ウィーン中心部から少し離れ、シェーンブルン宮殿の向かいに位置する博物館だ。 ウィーン中心部からは、トラムD4線でアクセスするのが最も簡単だろう。 技術博物館は、ウィーンを中心としたヨーロッパ圏にゆかりの深い発明家たちの発明品を中心に、近現代の産業技術を展示テーマにしている。

Majolikahaus

マジョリカハウス

合理性と美術性が融合したワーグナーのアパート

マジョリカハウスは、ナッシュマルクト市場のほど近く、ウィーン・リンクの外周南側に位置する集合住宅だ。 ユーゲントシュテーィール様式の大家、オットー・ワーグナーの作品として知られる。

Heeresgeschichtliches Museum

ウィーン軍事史博物館

近現代の軍事関連品を一望できる、マニアックな博物館

ウィーン軍事史博物館は、ウィーン・リンクから東南、ベルヴェデーレ宮殿のほど近くにある博物館だ。 重厚なレンガ作りの建物で、建物の前にずらりと備えられた砲台もあわせて、なんとも厳しい雰囲気をまとっている。

スポンサーリンク

スポンサーリンク