スポンサーリンク

ビンタイ市場でのお土産情報、料金、営業時間、アクセス・行き方

ビンタイ市場
Chợ Bình Tây (チョ ビン タイ)

2016/08/04 更新

Binh Tay Market

スポンサーリンク

スポンサーリンク

概要

2300を超える店舗がひしめき、活気に満ちあふれるホーチミン最大規模の市場

Binh Tay Market

80年以上の歴史があるビンタイ市場は、中庭を囲む形の2階建ての建物とその周辺に実に2300を超える店舗が軒を寄せ合い、常に多くの人がひしめき合う、ベンタイン市場と並んでホーチミン市内最大の規模を誇る市場である。
ホーチミンにいる中国系の人々の大部分が住むチョロン地区に、当時のフランスの近代建設技術を用いて建てられた、中国古代建築を思わせるデザインの建物も独特の魅力がある。

衣料品、靴やサンダル、バッグやジュエリーから、化粧品や生活雑貨、キッチン用品やコーヒー・紅茶、生鮮食品や製菓を含む食料品まで、ありとあらゆる商品の山がエリアごとに所狭しと積み上げられる様子と、狭い通路を行き交う人々の活気は圧倒されてしまうほど。
入口付近や建物の1階には、ベトナム料理やスイーツを売る屋台や食堂も立ち並び、こちらも多くの人でにぎわう。

アジアらしい活気あふれる様子に夢中になってしまいそうになるが、ビンタイ市場周辺はスリなどが多いエリアでもあるので、見学中や買い物中は常に細心の注意を払うこと。

見どころ

ホーチミンの商業の中心で垣間見える市民の生活

Binh Tay Market

市内中心部にありある程度観光客向けのベンタイン市場と違って、ビンタイ市場は地元の人向けの卸売市場。
ベトナム雑貨などのお土産品は売られておらず、観光客が通っても客引きもない。英語が通じることは少なく、商品の購入も基本はまとめ買いという店舗が多い。

そのかわり、台車やバイクで大きな荷物を運ぶ業者の人たちの様子や、地元のバイヤーが大量の商品を値段交渉し購入していく姿、食料品を買いに来た地元の人が売り子と話をする様子や、売り場の狭いスペースで食事や昼寝をして休憩している店員の様子など、この場所で繰り広げられる様々な場面に出くわすことで、この市場が昔から市民の生活と密着してきたということを強く認識することができる。

ホーチミンに暮らす人々の生活に触れ、彼らのエネルギーを直に感じることができるビンタイ市場は人気の観光スポットでもあり、年間12万人を超える外国人観光客が見学や買い物に訪れる。

ビンタイ市場の危険対策


(Photo by Lerdsuwa Giang Đông Du David Cobbin)

人気記事

海外旅行に必要なパスポートとお金
海外での防犯対策グッズ
マイルを貯めて飛行機に乗る
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク