スポンサーリンク

ベトナムの通貨・両替・免税、チップの慣習、両替所の場所や営業時間

ベトナムの通貨・両替・免税

2016/09/02 更新

Vietnam currency
  • データガイド

チェック

ベトナムの通貨

通貨の種類

ベトナムの通貨単位はドン(VND)で、漢字の「銅」に由来している。補助単位としてハオ、シュウがあるが、現在は使われていない。

紙幣は「VND50万」、「VND20万」、「VND10万」、「VND5万」、「VND2万」、「VND1万」、「VND5000」、「VND2000」、「VND1000」、「VND500」、「VND200」、「VND100」の合計12種類。コインは、「VND5000」、「VND2000」、「VND1000」、「VND500」、「VND200」の5種類。ただしコインの流通は極端に少なく、場合によっては受け取りを拒否されることもある。

桁の大きさに戸惑う人も多いだろうが、200で割れば日本円でのおおよその価格になる。物価は世界的に見ても非常に安く、日本の3分の1から4分の1程度である。

チップの習慣

もともとチップの習慣はないが、都市部では浸透してきている所もある。4つ星以上のホテルでは、荷物を運んでもらったスタッフやベルボーイ、ベットメイク、ルームサービスにVND1万-VND2万程度支払おう。

高級レストランで食事した際も、サービス料が付加されている場合は不要だ。メニューの料金のうしろに「++」と記載がある場合は、表示料金に税金とサービス料が上乗せされているので要確認。

観光先でも何か特別なサービスを依頼した場合は、小額のおつりをそのままチップとして渡すか、VND1万-VND2万程度支払うと良い。現地ガイドには、1日あたりVND15万、チャーターカーのドライバーは1日あたりVND5万-10万程度が目安だ。なお、タクシーのチップは不要。

両替

両替の場所、営業時間、注意点

両替所、空港、ホテル、銀行で両替できる。日本はレートが悪く、ベトナム到着後に両替するのがお勧めだ。銀行は月曜-金曜8:00-16:00営業、土曜日曜祝日は休み(店舗による)。両替レートは、街の両替所が良い場合が多い。古い紙幣や敗れている紙幣があったら、会計時に使用できない場合があるので交換してもらおう。両替時には身分証明としてパスポートを見せる必要である。

為替レート

VND1=0.0046円(2016年7月1日現在)
100円でVND2万1693に両替可能。

免税

免税を受けられる金額

ベトナムの付加価値税(VAT)は10パーセント(一部5パーセント)で、基本的には商品価格に含まれている。これまで外国人観光客向けの免税措置はなかったが、2012年7月から試験的に還付制度が実施され、2014年7月からはより本格的に導入を開始。指定の空港及び埠頭で手続きをすれば、最大15パーセントの手数料が差し引かれた額が還付されるようになった。

免税を受けるには、免税店(VAT還元対象店)で買い物をすることが前提となる。免税を受けるための最低購入金額の目安はVND200万。同日に同じ店で購入する必要があり、出国前60日以内に購入した未開封・未消費の商品が対象である。

免税を受ける為の手続き

①VAT還元対象の店舗で買い物をする。

②品物の購入時に、レジでVATの払い戻しをしたいと店員に伝え、パスポートを提示。

③店員に申請用紙を作成してもらう。

空港で免税の手続きを行う。

免税の申請ができるのは、カムラン国際空港、ダナン国際空港、フーコック国際空港、タンソンニャット国際空港、ノイバイ空港、ダナン港、ニャチャン港、カンホイ国際埠頭のみなので注意。空港(埠頭)に到着したら、チェックインの前に免税カウンターで③の申請用紙と購入した商品を提出し、払い戻しを受けよう。返金は全てVNDとなり、同カウンターで両替も可能だ。

スポンサーリンク

)

あなたにおすすめ