ホーチミン中心部

特集

ホーチミンのホテル

【ホーチミンのホテル】避けるべき危険地区の解説・お勧めホテル紹介

世界有数の観光地であるホーチミンだが、一つエリアが変わると危険地域などもあるため注意が必要だ。ホテル選びをするうえで絶対に避けた方が良い危険エリアと、観光拠点としてお勧めのエリアについて解説する。

Ho Chi Minh plan

ホーチミン旅行6泊7日の予算とモデルプラン

ホーチミン旅行をする場合の、お手頃プランと平均予算プランのおすすめモデルコースを紹介する。かつてフランスの領事下だったホーチミンは、ベトナム最大の都市であり、今もなヨーロッパの名残をのこしつつ、ベトナムらしさと融合する都市である。文化遺産や美術品などを展示している歴史博物館や、ベトナム戦争時代の背景を知ることができる戦争証跡博物館、ベトナム雑貨や骨董品、レストランやブティックが立ち並ぶストリートなど、歴史や文化、ショッピングやグルメなど見どころは満載である。

ho chi minh city food

ホーチミンで食べられるベトナムの名物料理10選!お勧めグルメ旅

ベトナムの経済の中心地と言えば、ここホーチミン市だ。この街は古くから栄え、19世紀にはフランスの占領下にあったことから、「東洋のパリ」や、「極東の真珠」とも呼ばれ、当時の西洋風建築がそのまま残っている。また、第二次大戦後には南ベトナムの首都でサイゴンという名前でも知られていた街だ。その影響は、食文化にも表れており、ベトナム料理と西洋風料理が組み合わさった料理を楽しむこともできる。現在では、各国の企業が駐在員を置く一大都市であり、各国の料理を楽しむこともできる。

Saigon-Central-Post-Office

【ベトナム】ホーチミンのお勧め定番観光スポット10選

初めてホーチミンに訪れるなら、まずはこの定番スポットをチェック♪ 絶対行くべき定番スポットを厳選しました。

スーツケース売り場

海外旅行用スーツケースの選び方

海外旅行に行く際に持っていくスーツケースの正しい選び方を知っているだろうか? スーツケースは海外旅行と密接に結びつくもの。大切な荷物を入れて、一緒に旅を重ねるパートナーだ。一概にスーツケースと言っても色々な種類があって、利用するシーンによって適している素材やメーカー、大きさなどが異なる。正しい知識をつけて、自分にとって最適なスーツケースと出会って頂けたら嬉しい。

ホーチミン中心部

38件

War Remnants Museum

1

戦争証跡博物館

ベトナム戦争の残酷な歴史を今に伝える博物館

1975/4/30午前、北ベトナム軍(解放軍)の戦車が統一会堂(旧大統領官邸)の門を破って突入。 南ベトナム政府は崩壊し、15年に及んだベトナム戦争は終結を迎えた。 ベトナム戦争では南北合わせて500万人のベトナム人が犠牲になり、数百万人を超える負傷者がでた。 犠牲者の半数以上は民間人だったという。 また、南ベトナムを支援していたアメリカ軍が大量に使用した枯葉剤(Agent Orange)の影響で、当時のみならず、戦後40年経った現在でも苦しんでいる人々が数多くいるのも忘れてはならない。

Ben Thanh Market

2

ベンタイン市場

1日中賑わうホーチミン最大規模のマーケット

市内中心部にありアクセスもしやすいことから、常に訪れる多くの人々でひしめき合うベンタイン市場。 狭い通路の両側に崩れそうになるほど積まれた商品の山と、活気あふれる人々の様子は圧倒されるほど。 アオザイやTシャツなどの衣料品や化粧品、靴やサンダル、ベトナム雑貨、コーヒーや製菓、生鮮食品を含む食料品など、ありとあらゆる商品を扱う店舗が、広い建物内にエリアごとに分かれて所狭しと立ち並ぶ。

Saigon Notre-Dame Basilica

3

サイゴン大教会

壮大で美しいフランス統治時代のネオゴシック建築の傑作

サイゴン大教会は、1877年-1880年にかけてフランスの入植者によって建築されたネオゴシック様式のカトリック大聖堂で、建築に使われた材料はすべてフランスから輸入された。 外壁用の赤レンガはマルセイユから取り寄せられたもので、建築時にコンクリートでのコーティングを行わなかったにもかかわらず、完成から130年以上経った現在まで、建築当時の鮮やかな赤い色を保っている。

スポンサーリンク

Dong Khoi Street

4

ドンコイ通り

高級ブランドのショップや雑貨店が立ち並ぶ「ベトナムのシャンゼリゼ通り」

旅行の楽しみの一つ、ショッピング。ここドンコイ通りは、高級ブランドを取り扱うショップやデパートから、ベトナムらしさ溢れる雑貨店、人気のカフェやベトナム料理の老舗レストランに、スパやマッサージ店まで、まさに何でもそろうホーチミンのメインストリート。 フランス領インドシナ時代に建てられた美しい建物が多く、「ベトナムのシャンゼリゼ通り」とも呼ばれている。

Pham Ngu Lao Street

ファングーラオ通り

1日中にぎわう旅行者たちの旅の拠点

ファングーラオ通りは、9月23日公園(Công viên 23 Tháng 9)の南側にある大通りである。 通りの名前は、13世紀後半にベトナム陳朝の3-5代皇帝に仕えた将軍で、国民の英雄的存在のファン・グー・ラオ(Phạm Ngũ Lão)にちなんでつけられたもの。

Reunification Palace

統一会堂 (旧大統領官邸)

ベトナム戦争終結と南北ベトナム統一の象徴

統一会堂は、旧南ベトナム(ベトナム共和国)の大統領府および大統領官邸で、南北に分裂したベトナムで長く続いていたベトナム戦争が終結を迎えた地である。 1975/4/30の朝、北ベトナム軍(解放軍)の戦車の列が大統領官邸へ。 10:45には2台の戦車が官邸の門を破って突入。 解放軍は屋上の南ベトナム政府の旗を降ろし、そこに勝利の証の旗を掲げた。 「サイゴン陥落(解放)」である。その後、南ベトナムのミン(Dương Văn Minh)大統領が、国営テレビとラジオで無条件降伏を宣言。

Saigon Central Post Office

サイゴン中央郵便局

訪れる人を魅了し続けてきたコロニアル様式の建築美

サイゴン中央郵便局は、フランス領インドシナ時代の1886年-1891年にかけて建設された建物で、パリのエッフェル塔を設計したことで広く知られるアレクサンドル・ギュスターヴ・エッフェル(Alexandre Gustave Eiffel)により設計された。

スポンサーリンク

Dam Sen Cultural Park

ダムセン公園

地元ベトナム人の憩いの場、自然あふれるテーマパーク

50ヘクタールに及ぶ広大な敷地内の20パーセントが湖、60パーセントが木々と庭園が占める自然の中のテーマパーク、ダムセン公園。週末になると、湖でボートに乗ったり、芝生でお弁当を広げてピクニックを楽しんだりと、思い思いに過ごす地元のベトナム人たちで賑わいを見せる。

ho-chi-minh-museum

ホーチミン博物館

ベトナム国民の英雄ホー・チ・ミンの一生を辿る博物館

ベトナムを独立に導いた革命家、ホー・チ・ミン(Hồ Chí Minh)の数々の写真や彼にゆかりのある品々が、彼の革命家としての活動について書かれた文書や出版物などとともに展示されているホーチミン博物館。

Bui Vien Street & De Tham Street

ブイビエン通り&デタム通り

世界中のバックパッカーたちで賑わう眠らない街

ブイビエン通りとデタム通り周辺には安宿やミニホテル、格安のツアーを催行する旅行代理店が多く軒を並べ、世界中からバックパッカーたちが集まる、ホーチミンの「バックパッカー街」として知られている。 また、タイ料理やトルコ料理など世界各国の料理が味わえるレストランが近年次々にオープンしているほか、日系のコンビニもある。

スポンサーリンク

スポンサーリンク