スポンサーリンク

ホアンキエム湖の見所、料金、営業時間、アクセス・行き方等の観光情報

ホアンキエム湖
Hồ Hoàn Kiếm (ホー・ホアンキエム)

2016/08/04 更新

Hoan Kiem

スポンサーリンク

概要

伝説の残る湖は、市民の憩いの場

Hoan Kiem

ホアンキエム湖は、ハノイの中心部にほど近い場所に位置する小さな湖だ。
もともとは紅海とつながっており、長い入り江を形成していた。
入り江では海軍が演習を行っていた事から「海軍湖」とも呼ばれていたが、フランス領になった際に埋め立てが行われ、現在の姿となったと言われている。
その他にも、もともと湖畔に建っていた寺院が埋め立て工事とともに取り壊された際、門柱のみがかろうじて残された、通称「和風塔」など、歴史的経緯を感じさせる遺物が残る。

全周はおよそ1.8キロメートルと小振りだが、それ故にジョギングコースとして人気が高く、朝夕ジョギングに励む市民が集まる。
その他にも、ハノイ市民の定番観光スポットとして、渡航者だけでなく市民にとってもなじみの深い観光名所なのだ。

見どころ

神秘的な伝説が残る大亀の湖

Hoan Kiem

ホアンキエム湖の名前の由来は、ある神秘的な英雄潭に端を発する。
ベトナム語で「ホアン」=「返す」、「キエム」=「剣」を意味する。

伝説の主人公はベトナム黎朝の初代国王、レー・ロイ。
中国・明朝との戦いに際し、この湖で釣り上げた巨大な亀から刀を授かり、見事勝利を収めた。
その後、太平が訪れたことを感謝しながら、湖の主である巨亀に勝利の剣を返したという逸話が語り継がれている。
レー・ロイが剣を返したその場所に、現在は「亀の塔」と呼ばれる、白くこじんまりとした廟が建っている。

また、この伝説を裏付けるがごとく、ホアンキエム湖には人の身長ほどもある巨大な亀が住んでいるのだと言う。
土着種であるスッポンを始め、この湖にいったいどれほどの亀が住んでいるのかは定かではない。

スポンサーリンク

)

あなたにおすすめ

)

関連スポット