スポンサーリンク

ワット・ラカンの観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

ワット・ラカン
วัดระฆัง (ワット・ラカン)

2017/05/05 更新

Wat Rakang

スポンサーリンク

スポンサーリンク

概要

特徴

ワット・ラカンは、メナム川の近くに位置する仏教寺院だ。アユタヤ由来の建築様式で作られた建物で、漆喰で飾られた本堂が美しい。有名観光スポットであるワット・ポーが川を挟んで対岸にあるが、ワット・ラカンはさほど混雑していない。敢えて観光化されていないお寺を見てみたい人にお勧めだ。

歴史

ワット・ラカンの「ラカン」とは、現地の言葉で「鐘」の意味。境内の土地から鐘が見つかった為にこの名前がつけられたそうだ。それ以来、鐘はこの寺院のシンボルとなっている。現在では沢山の鐘が寺院内にあり、「鐘を撞くと願いが叶う」と言われている。

バンコクの危険対策

人気記事

海外での防犯対策グッズ
海外旅行に必要なパスポートとお金
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク