ワット・パトゥムコンカーの観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

ワット・パトゥムコンカー
วัดปทุมคงคาราชวรวิหาร (ワット・パトゥムコンカー)

2017/05/05 更新

http://maps.googleapis.com/maps/api/streetview?size=1080x9999&location=13.736411%2C100.511083&fov=70.46733402&heading=1999.97&pitch=10.44&key=AIzaSyBHfo6k_qeF5rkCk_gkCp9uIU_asZOatUM

スポンサーリンク


スポンサーリンク


概要

特徴

ワット・パトゥムコンカーは、チャオプラヤー川沿いにある寺院だ。本堂に入れないのが残念だが、多くの金色の仏像がガラスケースに入って回廊を取り囲んでいる。かつて貴族の処刑場であったからだろうか、いかにもタイらしい華美な装飾よりも、少し控えめな印象だ。

歴史

ワット・パトゥムコンカーは、かつて貴族の処刑場だった。処刑と言っても、現在の様に絞首台や電気椅子等の便利な道具を利用するわけではない。巨大な石の上に寝かされ、ひたすら殴られて殺されたのだ。処刑に使われたと言う巨大な石は現在も境内に保存されている。常に供え物が絶えないので、すぐに見つけられるだろう。地元の人々と一緒に祈りを捧げてみても良いだろう。

バンコク旅行者の必読記事

人気記事

外貨両替窓口
海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
wifiレンタル
海外旅行に必要なパスポートとお金

スポンサーリンク