ウィマンメーク宮殿の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

ウィマンメーク宮殿
พระที่นั่งวิมานเมฆ (ウィマンメークマンション)

2017/05/05 更新

http://www.howtravel.com/wp-content/uploads/2015/09/slick_Vimanmek-Royal-Mansion-1080x712.jpg

スポンサーリンク


スポンサーリンク


概要

ラーマ5世の豪華絢爛な別荘

ウィマンメーク宮殿は、バンコク北西部、寺院や宮殿の密集するドゥシット地区にある王宮だ。
ここはラーマ5世が別荘として愛していた宮殿で、チーク材のみで建てられた世にも珍しい宮殿となっている。

タイの宮殿というと派手できらびやかなものも多いが、このウィマンメーク宮殿は西洋的な建築様式を取り入れたシックな外観をしていて、それがかえって独特な空気を漂わせている。
現地では「雲の上の宮殿」との異名も持つほどだ。

内部ではラーマ5世にまつわる品々が多く展示されており、一般的な宮殿見学というよりも博物館見学に近いスタイルとなっている。
プライベートな遺物から場所のコレクションまで、王宮ならではの瀟洒な展示が目白押しなので、ゆったりと時間をとって見学したい。

見どころ

ラーマ5世のプライベートな部屋

現在の王宮が実際の住居ではないのと違い、このウィマンメーク宮殿は本当に王が住んでいた場所だ。
そのため、内部にはプライベートな居室も残されており、そちらを見学することもできるのが嬉しい。

ラーマ5世がプライベートな時間を過ごしていた空間は、3階に残されている。
ここでは寝室や執務室などがあるほか、浴室まで見ることができる。
実は、タイではじめてシャワーが導入されたのはこの浴室で、こういった部分からも王家の格式と威厳を感じることができるだろう。

バンコク旅行者の必読記事

人気記事

外貨両替窓口
海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
wifiレンタル
海外旅行に必要なパスポートとお金

スポンサーリンク