スポンサーリンク

バンコクのドンムアン国際空港と市内へのアクセス

バンコクのドンムアン国際空港と市内へのアクセス

2016/09/17 更新

Don Mueang International Airport
  • データガイド

スポンサーリンク

スポンサーリンク

概要

ドンムアン国際空港は、バンコクの中心から北東におよそ20キロメートルのところに位置する空港。
1914年に空軍飛行場としてオープンした後1924年に商業利用を開始した空港で、アジアでは最も古く、世界でも最も長く利用されている空港のひとつ。

2006年のスワンナプーム国際空港オープンに伴って一時閉鎖されたが、2007年の3月に再開港され、現在は主にタイ・エアアジアやノックエアなどの格安航空会社が国内線やアジア諸国への国際線フライトを就航している。
日本とは成田空港、関西国際空港、新千歳空港の間で直行便も就航。

3つのターミナルがあるが、現在使われているのはターミナル1のみ。
ターミナル2は現在改装中だが作業はほぼ完了しており、2015年9月の再オープンを見込んでいる。
両替所とATMは空港各所に、手荷物預かり所はターミナル1の3階出発ロビーにある。
また、各ターミナルでお土産屋、免税店が充実しており、お菓子からブランド品まで、ほとんどのものが手に入る。

スワンナプーム国際空港へは無料のシャトルバスが運行しており、両空港利用の航空券を持っている場合に乗車可。

※留意事項
空港内で無料のWi-Fi利用可。
AOT Free WiFi〈@ AirportTrueFreeWiFi〉のネットワークを利用して簡単な登録をすると、1日につき120分間無料でインターネットに接続することができる。

・タンソンニャット国際空港公式HP
http://donmueangairportthai.com/jp

・ターミナル情報HP
http://donmueangairportthai.com/jp/1161-within-the-terminal

空港から市内へのアクセス

Don Mueang International Airport

到着ロビーはターミナル1の1階。
入国審査⇒預けた荷物の受け取り⇒税関を通過して出口を出たら、空港内の標識にしたがって各交通機関の乗り場まで。

エアポートバス 「A1」線

ドンムアン国際空港とBTSモーチット(Mor Chit)駅/MRTチャトゥジャック(Chatuchak)駅、モーチット・バスステーションを結ぶエアコン付きバス。
モーチット駅/チャトゥジャック駅からBTS(スカイトレイン)またはMRT(地下鉄)を利用して、市内中心部までおよそ15-20分で行くことができる。

■運行時間
20分おき(8:30-23:30)の運行。

■料金
大人片道฿30。
乗車後に車掌に支払う。

■乗り場
「Don Mueang-Mo Chit Bus」のサインにしたがって、ターミナル1の1階7番出口前のエアポートバス「A1」線乗り場へ。

タクシー

Don Mueang International Airport

■所要時間
市内中心部まで渋滞がなければおよそ40-60分。

■料金
市内中心部までおよそ฿200-300。
※料金はメーター制。空港乗り入れで฿50の追加料金あり、高速通行料は別途加算。

■乗り場
「Public Taxi」のサインにしたがって、ターミナル1階8番出口を出たところのタクシーカウンターへ。

※留意事項
公認ドライバー以外のタクシーには乗らないこと。
空港タクシーのドライバーは、英会話やマナーなどの講習を受け空港運営会社からライセンスを与えられているので、空港内で客引きをしている非公認のドライバーがいても、タクシー乗り場から公認のタクシーに乗るようにしよう。
また、乗車したらメーターがきちんと動いているか確認することをおすすめする。

タイ語しか通じない場合に備えて、行先(ホテル名など)や住所がタイ語で書かれたものを用意しておくと、ドライバーにそれを見せて伝えることができる。

バンコクのドンムアン国際空港と市内へのアクセスの危険対策

人気記事

海外旅行に必要なパスポートとお金
海外での防犯対策グッズ
マイルを貯めて飛行機に乗る
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク